ホーム > 安全・安心 > 消防・防災 > 市の防災対策 > 防災訓練 > 原子力災害に対する防災訓練を実施します

ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

原子力災害に対する防災訓練を実施します

原子力艦の万一の災害に備え、佐世保市原子力艦原子力防災訓練を実施します。

日時

11月13日(月曜日)9時00分~11時30分

場所 佐世保市役所、西地区公民館、赤崎地区、佐世保港内ほか
内容 災害対策本部運用訓練、緊急時モニタリング訓練、避難誘導訓練、医療救護活動訓練など14項目

当日は光海中学校区、愛宕中学校区、旧野崎中学校区において防災行政無線及び広報車による広報訓練を行います。訓練ですのでお間違えのないようご注意ください。

目的

原子力艦に係わる万一の原子力災害に備えて、「佐世保市地域防災計画原子力艦の原子力災害対策編」に基づき、防災関係機関及び停泊地周辺の市民等が共同して訓練を実施することによって、従来から行ってきた訓練内容の習熟度を高め、原子力防災活動の連携強化を図りながら、原子力災害に対する理解と認識を深めることを目的としています。

訓練想定

原子力潜水艦が佐世保港に入港し赤崎岸壁に停泊中、市環境センターに設置されている放射線監視装置において平常値を明らかに上回る数値が確認されたため、現地周辺へ向かい放射線測定を実施していたところ、100n㏉/h(ナノグレイ/時)の数値が検知され、その後も継続しているとの想定で訓練を立ち上げます。

訓練の内容

医療救護
  • 避難医療救護活動訓練

 

避難住民にスクリーニング、健康相談を実施する。また、安定ヨウ素剤の展示、説明を行います。

 

海上モニタリング
  • 海上における対策訓練

 

海上におけるモニタリング、広報、航行制限等の活動を行います。

 

 

 

お問い合わせ

防災危機管理局 

電話番号 0956-23-9258

ファックス番号 0956-25-0086

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?