ホーム > 安全・安心 > 医療 > 救急・救命 > お子様が病気のときは > 小児救急電話相談のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年8月22日

小児救急電話相談のご案内

平成20年6月1日より、長崎県では小児救急電話相談センターを開設し、夜間(午後6時~翌朝8時)及び、日曜祝日は24時間、子どもの急な病気やけがなどに関する相談を受け付けています。

長崎県内のどこからでも、短縮電話番号『#8000』をプッシュすると、相談センターの窓口に転送され、経験豊富な看護師や必要に応じて小児科医から、症状に応じた対処法・応急処置や医療機関受診の必要性について、適切なアドバイスを受けることができます。

お子さんの夜間の急な病気やケガでご心配なとき、病院を受診すべきかどうか迷ったときなど、ご利用ください。

《この相談センターは長崎県が運営しています。事業についてのお問い合わせは、長崎県医療政策課(095-895-2461)へお願いします。》

  • 相談するには‥
    一般電話のプッシュ回線、携帯電話、公衆電話からは、『#8000』(短縮電話番号)へ
    ※ダイヤル回線や一部の地域(松浦市鷹島町・福島町)の方は、『095-822-3308』
  • 相談対応時間:毎日(365日)、午後6時~翌朝8時まで。日曜祝日は24時間
  • 対象者:長崎県内に住む15歳未満の子どもおよびその保護者等
  • 相談内容:子どもの救急医療(病気、けが、応急処置など)に関すること

関連情報

小児救急医療に関するおねがい

ダウンロード

お問い合わせ

保健福祉部医療政策課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9684

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?