ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 予防接種 > インフルエンザ予防接種費用の助成事業について

ここから本文です。

更新日:2018年9月28日

インフルエンザ予防接種費用の助成事業について

佐世保市民の方で、下記の対象となる方は、佐世保市指定医療機関において、一部負担によりインフルエンザ予防接種を受けることができます。

対象となる期間はいずれも「平成30年10月1日から平成31年2月末日まで」ですが、接種後免疫を獲得するまで若干の時間を要し、効果は5か月程とされていることから、流行前の10月下旬から12月頃に接種することで、より効果が期待できます。

ご注意ください

この事業は、接種費用の一部を佐世保市が負担することにより、接種費用を1回あたり1,200円に軽減するものです。費用の払い戻し等を行うものではありませんのでご注意ください。

指定医療機関外や、対象外となる接種により発生した費用についての償還払いはありません。

 

1.高齢者のインフルエンザ予防接種(予防接種法に規定されている予防接種)

対象となる方

  • 65歳以上の方
  • 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有し、身体障害者手帳1級を所持する方

自己負担金

1回につき1,200円

対象者のうち生活保護受給者の方と「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律」における支援給付対象者の方は、証明書の提出により自己負担が免除となります。証明書は、生活福祉課(佐世保市中央保健福祉センター2階)で発行します。

接種回数

1シーズンに1回

対象期間

平成30年10月1日~平成31年2月末日

接種場所

市内の医療機関で接種することができます。

長崎県広域予防接種事業参加医療機関であれば、同じ条件で接種できます。

健康被害救済制度

定期の予防接種による健康被害については国の救済制度があります。適用の有無については、健康被害と予防接種の因果関係を調査した上で、判断されます。申請については、担当課までお問い合わせください。

厚生労働省ホームページ(予防接種健康被害救済制度)

2.子どものインフルエンザ予防接種費用助成事業

対象となる方

生後6か月から小学6年生までの方

自己負担金

1回につき1,200円

対象者のうち生活保護受給世帯の方は、証明書の提出により自己負担が免除となります。証明書については、生活福祉課(佐世保市中央保健福祉センター2階)で発行します。

接種回数

1シーズンに2回(接種間隔は2週間~4週間)

対象期間

平成30年10月1日~平成31年2月末日

接種場所

医療機関は、市内医療機関及び市外の一部の医療機関に限定されています。指定外の医療機関においては、対象となりませんのでご注意ください。

健康被害救済制度

子どものインフルエンザ予防接種は定期予防接種ではなく、佐世保市独自の判断による行政措置予防接種として取り扱われますので、国の救済制度は適用されませんが、死亡、高度障がい等「重篤なもの」については、佐世保市予防接種事故災害補償規程による救済制度があります。

また、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による救済制度が適用される場合があります(申請は各自)が、いずれの制度も、予防接種との因果関係を調査・審査した上で、適用の有無が判断されます。申請については、担当課までお問い合わせください。

ご注意ください

実施医療機関の中には、12月で接種を終了するところもありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。

また、上記の高齢者や子どもインフルエンザ予防接種の対象外の方で接種を希望される場合は、直接医療機関へお問い合わせください。(掲載されていない場合でも、一般向けの接種を行う医療機関もあります)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?