ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 感染症 > 麻しん(はしか)の感染に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年5月9日

麻しん(はしか)の感染に注意しましょう!

今般、麻しんについて海外からの輸入症例を契機として、沖縄県で麻しん患者数が増加し、更には、愛知県でも麻しん患者が複数報告され、全国的拡大が懸念されています。連休中は人の移動が活発であった為、佐世保市においても、いつ患者が発生してもおかしくない状況にあります。

麻しんに感染しないためには、予防接種が重要です。ご自身の麻しん(はしか)のワクチン接種歴を確認し、ワクチンを2回接種した記録がないなど、麻しん(はしか)に対する免疫が十分でない場合には、ワクチン接種について、かかりつけ医に相談してください。また、海外に旅行した方や麻しん患者が発生している地域へ旅行した方においては、旅行後2週間程度は健康状態に注意するなど、対応をお願いします。

もし「麻しん(はしか)」を疑った場合は

発熱、咳、鼻水、発疹、目の充血等麻しんに特徴的な症状が現れた方は、事前に医療機関に「麻しんかもしれない」ことを連絡し、指示に従って受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を広げないように、必ずマスクを着用し、公共交通機関等の利用を避けてください。

ご心配なこと等ありましたら、佐世保市保健所 健康づくり課へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?