ホーム > 観光情報 > お知らせ > 九十九島が「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟認定されました!

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

九十九島が「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟認定されました!

平成30年4月19日、佐世保市「九十九島」はフランス・ヴァンヌを本部とするNGO「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟認定されました。

湾クラブポスター 

世界で最も美しい湾クラブ

「世界で最も美しい湾クラブ」とは、湾を活かした観光振興や経済発展についての情報交換やPR活動・自然環境保全などを行う目的で、1997年3月10日にドイツのベルリンで設立された26の国と地域、43湾(平成30年4月時点)からなるフランスのヴァンヌ市に本部を置くNGOです。

フランスのモン・サン=ミシェル湾やベトナムのハロン湾など世界的に有名な湾をはじめ、国内でも松島湾(宮城県)、富山湾(富山県)、駿河湾(静岡県)、宮津・伊根湾(京都府)の4つの湾が加盟しており、九十九島湾は国内で5番目、世界で43番目の加盟となりました。

 

松島湾

松島湾(宮城県)

富山湾

富山湾(富山県)

 

駿河湾

駿河湾(静岡県)

宮津伊根湾

宮津・伊根湾(京都府)

 

 

九十九島(くじゅうくしま)について

九十九島日本本土最西端に位置する九十九島は、大小208の島々からなる風光明媚な景勝地で、数えきれないほど沢山の島があることから、「たくさん」という意味の「九十九」の名がついたといわれています。

有人島4島、他は無人島でほぼ全域が昭和30年(1955年)に西海国立公園に指定されており、海岸線の81.5%にあたる288.5kmが自然海岸のまま保全された美しい風景が広がっています。

佐世保市は9月19日を「九十九島の日」と定め、市民のかけがえのない財産として大事に受け継いでいくことを改めて決意する日としており、市民による清掃活動も行われています。

市長コメント

いよいよ、九十九島が「世界で最も美しい湾クラブ」へ仲間入りいたしました。フランスのモンサンミシェル湾やベトナムのハロン湾、日本三景の松島湾、宮津・伊根湾(天橋立)などの国内外の有名な湾と肩を並べて「九十九島」が「世界で最も美しい湾」として認められ、大変喜ばしく思っております。

国際的な機関への加盟により、国内外の加盟湾と協力・連携し、今後さらに国内のみならず海外へ向けて、九十九島の魅力の発信を行って参ります。

この度の加盟は、市民の皆さまにも、「九十九島」に対する誇りを高めて頂くよい機会になると考えております。今後ますます「九十九島」のPRにご協力くださいますようお願いいたします。

平成30年4月19日 佐世保市長 朝長 則男 

 キラっ都させぼ

佐世保市の施策などを、月替わりでお知らせする広報番組「キラっ都佐世保」。6月は九十九島の「世界で最も美しい湾クラブ」加盟をテーマに配信中です!

動画はこちらから↓↓

世界で最も美しい湾、九十九島

「世界で最も美しい湾クラブ」や湾を活かした今後の取組について、映像でわかりやすくご案内していますので是非ご覧ください。 


お問い合わせ

観光商工部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?