ホーム > まちづくり・環境 > 自然環境保全 > 佐世保の希少な野生動植物

ここから本文です。

更新日:2015年3月2日

佐世保の希少な野生動植物

佐世保市には八天岳、烏帽子岳、国見山を中心とする山々があり、リアス式海岸が形づくる九十九島は、西海国立公園に指定されています。さらに、県下第2位の長さ・流域面積を持つ佐々川や、外洋離島である宇久島など、海から低山まで様々な自然環境が広がっており、多くの野生動植物が生息・生育しています。

このように豊かな自然に恵まれた佐世保市でも、野生動植物の減少・絶滅が心配されており、絶滅した種、または絶滅のおそれがある種として、863種が選定されています。

  • カノコユリ

カノコユリの写真

絶滅危惧IB類(EN

  • ニッポンバラタナゴ

ニッポンバラタナゴの写真

絶滅危惧IA類(CR)

分類等\カテゴリー

絶滅

野生絶滅

絶滅危惧I類(CR+EN)

絶滅危惧II類

準絶滅危惧

情報不足

合計

(EX)

(EW)

IA類(CR)

IB類(EN)

(VU)

(NT)

(DD)

植物

1

 

124

78

55

115

14

387

動物

哺乳類

 

 

5

1

2

1

1

10

鳥類

 

 

26

15

13

36

9

99

両生・は虫類

 

 

3

1

3

5

1

13

淡水魚類

1

 

4

5

2

8

LPが1

21

昆虫類

1

 

25

11

31

39

4

111

底生生物

 

 

2

4

5

1

 

12

甲殻類

 

 

1

1

11

20

4

37

貝類

4

 

19

38

45

59

8

173

合計

7

0

209

154

167

284

41

(LPが1)

863

  • 絶滅(EX)・・・佐世保市ではすでに絶滅したと考えられる種
  • 野生絶滅(EW)・・・飼育・栽培下、あるは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ存続している種
  • 絶滅危惧I類(CR+EN)・・・絶滅の危機に瀕している種状のままでは、野生存在困難
  • 絶滅危惧II類(VU)・・・絶滅の危険が増大している種
  • 準絶滅危惧(NT)・・・存続基盤が脆弱な種
  • 情報不足(DD)・・・評価するだけの情報が不足してい
  • 絶滅のおそれのある地域個体群(LP)・・・地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの

 

 

お問い合わせ

環境部環境保全課

電話番号 0956-26-1787

ファックス番号 0956-34-4477

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?