ここから本文です。

更新日:2016年10月7日

大気について

画像

工場の煙突や自動車からの排出ガスの中には、人の健康に悪影響を与えたり、空気を汚す原因となるいおう酸化物や窒素酸化物などの物質が含まれています。市では、市内7ヶ所(早岐、日宇、福石、大野、相浦、大塔、吉井)に大気測定局を設け、大気環境の様子を常時監視しています。市内の大気状況は、概ね良好な状態を維持していますが、平成24年度は光化学オキシダント(全測定局、5局)及びPM2.5(微小粒子状物質)(全測定局、3局)で環境基準(注1)を超過していました。

光化学オキシダントの高濃度の要因は、気象条件により成層圏内のオゾンが降下することや、大陸からの移流の影響が示唆されていますが、まだ明確にはなっていません。ただし、警報等を発令するレベルにはいたっていません。(注2)

大陸からの越境汚染が問題となっているPM2.5について、例年、冬季から春季にかけて濃度が上昇する傾向がみられ、夏季から秋季にかけては比較的安定した濃度が観測されています。(注3)

  • (注1)環境基準:人の健康を保護し、生活環境を保全する上で、維持することが望ましい基準。
  • (注2)平成18年5月30日、佐世保市内では初めて光化学オキシダント注意報が発令されました。平成19年度に3回、平成21年度に2回、平成22年度に1回、注意報が発令されました。平成24年度は発令されませんでした。
  • (注3)平成25年11月3日、佐世保市内で初めてPM2.5の注意喚起を実施しました。

ダイオキシン類について

ダイオキシン類は、炭素・酸素・水素・塩素を含む物質が熱せられるような過程で発生する物質です。ダイオキシン類の現在の主な発生源は、ごみ焼却による燃焼ですが、その他に、製鋼用電気炉、たばこの煙、自動車排出ガスなどの様々な発生源があります。また、ダイオキシン類は、自然界でも発生することがあり、例えば、森林火災、火山活動等でも生じるといわれています。

詳しい内容については環境省ホームページをご覧ください。

 

なお、事業者の方で法律(ダイオキシン類対策特別措置法)に規定されている施設を設置する場合、所定の届出を提出する必要があります。様式等については下のリンク先をご確認ください。

環境保全課に係る届出様式、資料等ダウンロード

リンク

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課

電話番号 0956-26-1787

ファックス番号 0956-34-4477

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?