ホーム > 市政情報 > 計画 > 俵ヶ浦半島開発

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

俵ヶ浦半島開発

佐世保市では8つのリーディングプロジェクトの一つとして、佐世保港と九十九島を隔てる俵ヶ浦半島の開発を行っています。「俵ヶ浦半島開発」は、半島住民主体の地域づくりを支援する『俵ヶ浦半島地域振興』と、半島や九十九島等の魅力を発信する『(仮称)俵ヶ浦半島公園』の整備という2つの事業で構成されます。

俵ヶ浦半島地域振興

俵ヶ浦半島未来計画から俵ヶ浦半島未来マップ

平成28年に地域の方々が主体となって「俵ヶ浦半島未来計画」が策定されました。
以降、半島ではこの未来計画の実行組織である「チーム俵」によって、持続可能な地域づくりを目指す取り組みが進められています。
佐世保市は、半島の地域が主体となった取り組みを地域版地方創生のモデルとして、集落支援員や地域おこし協力隊の導入をはじめとした支援を行っています。
地域の方々による俵ヶ浦半島振興の活動については、以下のリンクをご覧ください。

(仮称)俵ヶ浦半島公園

俵ヶ浦半島に位置する県立障害者支援施設「つくも苑」の跡地に、佐世保港から九十九島までを望む眺望の丘をメインコンテンツとした観光公園の整備を行います。
公園は九十九島エリアの新たな拠点として位置づけ、市民の皆様や国内観光客はもちろん、今後増加するクルーズ船観光客など多くの人を半島に呼び込む『ゲートウェイ(入口)』として、チーム俵をはじめ半島住民の方々が取り組んでおられるトレイルコースづくり等の地域振興の活動とも連携できるよう意図しています。
平成32年度中の供用開始を目標としています。

お問い合わせ

企画部政策経営課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9676 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?