ホーム > 教育・子育て > 教育 > 小学校・中学校 > 6月は「いのちを見つめる強調月間」です

ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

6月は「いのちを見つめる強調月間」です

佐世保市では、平成16年6月に発生した事件以降、改めて「いのち」の重みを心から感じ取り、思いやり深く人と関わることのできる心豊かな児童・生徒の育成を目指しています。

その中心となる取組として、毎年6月を「いのちを見つめる強調月間」と設定し、学校・家庭・地域が連携して道徳の授業参観や子どもたちとの交流体験活動、「いのちの集会」等による語り合いの場などを通して、地域の子どもたちを地域の大人が見つめ、ふれあうことで豊かな心の醸成を目指しています。

また、6月1日を「いのちを見つめる日」と設定し、佐世保の子どもたちや市民にとって、自他のいのちの尊さ・重さを感じる日としています。

併せて、学校における道徳教育の重要性を再認識し、道徳の時間の充実に努めながら、家庭・地域と連携を図った道徳性の育成・充実を図るとともに、児童・生徒の豊かな心を育むことを目的としています。

1.いのちを見つめる日

毎年6月1日を「いのちを見つめる日」として、全市立小・中学校及び義務教育学校で全校集会を行い、校長が「いのち」に関する講話を行います。(詳しくは、下記関連サイト【「いのちを見つめる強調月間」小・中学校・義務教育学校の主な取組】をご参照ください。)

2.学校公開

全小・中学校で学校公開を行っています。公開期間は学校によって異なります。

下記関連サイト【「いのちを見つめる強調月間」小・中学校・義務教育学校の主な取組】をご参照ください。

あくまで予定であり、内容に変更が生じることもありますので、詳細は各小・中学校に直接お問い合わせください。

3.全学級による道徳授業公開

全学級で、道徳の授業公開を行います。道徳授業公開日、時間帯は学校に直接お問い合わせください。

4.いのちを見つめる講演会

下記のとおり平成30年度「いのちを見つめる講演会」を開催します。

期日

平成30年6月23日(土曜日)

時間

開場:13時30分

開演:14時05分

終演:15時45分予定

場所

アルカスSASEBO(佐世保市三浦町2-3)

講師

金澤泰子氏【書家】

金澤翔子氏【書家】

演題

「ダウン症の娘とともに生きて」~「いのち」輝いて~

備考

  • 参加料は無料です。(整理券等の配布はありません)
  • 駐車場はアルカスSASEBO駐車場及び近隣の有料駐車場をご利用ください。
  • 講演中は写真撮影・録音・録画等は一切禁止しております。

お問い合わせ

教育委員会学校教育課

電話番号 0956-25-9644

ファックス番号 0956-25-9682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?