ブログ > ブログ「しまび日記」 > 【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~「空想家がみる新種の生態展」岡本泰彰氏によるギャラリー・トークを開催しました~

ここから本文です。

更新日:2018年8月9日

【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~「空想家がみる新種の生態展」岡本泰彰氏によるギャラリー・トークを開催しました~

こんにちは!東日本のみなさま、台風13号の影響は大丈夫でしょうか。こちら佐世保では、風が強くていくぶん涼しかったものの、連日、暑い晴天が続いています。

さて、今日、しまびでは、「空想家がみる新種の生態展ー岡本泰彰展ー」が開幕し、ギャラリー・トークを行ないました。

岡本氏は、佐世保市の高校を卒業後、東京から美容師の仕事のためロンドンに渡った時に“絵”と出会い、独学で描いた作品が売れるようになり、画家として生きていくことを決意、スペインやカナダをまわり、現在はニューヨークを拠点に活動している現代美術の異端児です。

彼の作品は、身近にいる動物や植物に着想を得ています。彼は、動植物の生態を知ることで構想が広がり、不思議とイメージが作品になっていくという言わば“空想家”。ギャラリー・トークでは、佐世保での高校のこと、東京に就職してからイギリスに行ったわけ、ロンドンで絵を描きはじめた経緯、画家になってからのことなど、彼のプロフィールも含めて、作品の解説をしていただきました。

折しも今日は8月9日。長崎原爆の日です。展示室には、原爆にちなんだ作品をはじめ、戦争と平和について考えさせられる作品や生と死についてメッセージを感じとれる作品などが並びます。シュールな中にも愛らしいキャラクターが出現したり、重いテーマなのに色彩が明るかったり、彼独特の世界観が広がります。きっと、観る者を捉えて離さない、そんな魅惑的な作品ばかりです。

展覧会は8月15日(水曜日)まで。ぜひご来館ください。

岡本泰彰プロフィール

1980年崎県西海市に生まれる

1998年佐世保市の高校を卒業後、上京

2001年イギリス(ロンドン)へ移住

2004年スペイン(バルセロナ)へ移住

2004年カナダ(モントリオール)へ移住

2009年メリカ(ニューヨーク)へ移住

2010年PoKim(芸術家、SylviaWald&PoKimArtGallery)のアシスタント

2011年MaryBirmingham賞受賞、ニュージャージー州ハンタードン美術館学芸員

2011年EmergingArtists2011に選出(ニュージャージ州KCCギャラリー)

2012年アートレボリューション台北国際芸術コンペ最終選考選出

2012年TheLawrenceLittmanスカラシップ獲得

2012年ゴールドマンアート現代美術コンペティション1等賞

2013年チェルシー国際ファインアート選出(AgoraGalleryNY

2013年RedDot受賞(TheArtStudentsLeagueofNewYork)

2013年XavierGonzalezandEthelEdwards旅行助成金獲得

2014年ArtSlant,IncShowcaseコンペティション受賞

2014年EdwardG.McDowell旅行助成金獲得

2014年スペイン(グラナダ)に居住

2018年国吉康雄版画賞受賞

2018年佐世保市博物館島瀬美術センターにて初の展覧会

60843232022446088561995201

空想家がみる新種の生態展―岡本泰彰展―

主催:岡本泰彰

後援:佐世保市、西海市教育委員会

協力:Kanako、YumeCloudStudio

協賛:九十九紙源センター、ムックハウス、ポルトボヌール

開催期間

平成30年8月9日(木曜日)~8月15日(水曜日)

展覧会会場

2階

観覧料

無料

展示内容

油彩、水彩、版画、ミックスドメディア、鉛筆画など30~40点

 

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?