ブログ > ブログ「しまび日記」 > 【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~シャガールの版画がふるさと納税返礼品に仲間入り~

ここから本文です。

更新日:2017年8月10日

【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~シャガールの版画がふるさと納税返礼品に仲間入り~

みなさま、こんにちは。

好評開催中の「シャガール展―版画が奏でる愛と平和―」を記念して、マルク・シャガールの版画をふるさと納税返礼品として取り扱っていただくことになりました。8月6日(日曜日)に、6点の版画をふるさと納税サイトに掲出したところ、すぐ1点出てしまいましたので、残りは以下の5点となります。会期中、これらの版画は、しまび1階のミュージアム・ショップで実際にご覧いただくことができます。

9月3日(日曜日)の閉幕までの受付ですので、この機会にぜひご検討ください。

 

《エルサレム・ウインドウブロン族》紙/リトグラフ、外寸縦49.0×横41.5cm、レゾネ番号cs16

10,700pt(214,000円)

イスラエルを作った種族のひとつサブロン族を描いたもの。シャガールの死後、2番目の妻ヴァヴァの許諾により制作された後刷りです。

111

 

 

《オデッセイア々の集い》1974-1975年制作、紙/リトグラフ、外寸縦62.0×横54.0cm、ㇾゾネ番号#754

17,900pt(358,000円)

ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』にシャガールが挿画を描いたもの。シャガールの死後、2番目の妻ヴァヴァの許諾により制作された後刷りです。現在、当館で展示中の作品と同じものになります。

222

 

 

《以心伝心》1975年制作、紙/エッチング、外寸縦71.0×横61.0cm、ㇾゾネ番号PL12

35,700pt(714,000円)

全25点のうちの1点。

666

 

 

《ロミオとジュリエット》紙/リトグラフ、外寸縦82.0×横121.0cm、レゾネ番号CS10

77,300pt(1,546,000円)

パリのオペラ座の天井画のうち、緑部分をリトポスターにしたもの。シャガールは5色に分けた絵で14人の音楽家とオペラ・バレエ作品をパリの風景をバックに描いた。緑部分はロミオとジュリエット。

888

 

 

《ダフニスとクロエの季節》紙/リトグラフ、外寸縦42.0×横32.0cm、レゾネ番号#337 148,500pt(2,970,000円)

 

2~3世紀の古代ギリシャの作家ロンゴスが著した恋愛物語『ダフニスとクロエ』にシャガールが挿画を描いたもの。展覧会に出品している版画作品と同じものです。全42点の1点。出版テリアド社(パリ)、1961年刊行、刷りフェルナン・ムルロ工房(パリ)

561

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ふるさと納税サイト

 

お問い合わせ

教育委員会島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?