企画展 > 企画展情報 > 【島瀬美術センター】『「17才」松尾修写真展』開催!

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

【島瀬美術センター】『「17才」松尾真展』開催!

のたび、島瀬美術センターにおいて、『「17才」松尾真展』を開催します。佐世保市出身で現在、東京で活躍している写真家・松尾修氏が佐世保にて展覧会を開催するのは初めてのことです。

尾修氏は、“サセボプロジェクト”として、2014年から毎年、テーマを決めて佐世保を撮り続けています。第4弾となる今作のテーマは“2017年佐世保の17歳たち”。山と海に囲まれた港町ならではのノスタルジックな佐世保の風景の中で、時間と場所を飛び越え、普遍的な「いつかどこかの17歳」へと姿を変えた76組の若者たちの姿をぜひご覧ください。

「17才」松尾真展

「17才」松尾修写真展チラシ画像「17才」松尾修写真展チラシ画像

開催期間

平成30年8月9日(木曜日)~8月19日(日曜日)

展覧会会場

4階

観覧料

無料

展示内容

写真81点

イベント情報

トークイベント「写真で浮かび上がる佐世保のリアル」

8月12日(日曜日)14時00分から15時00分観覧無料

作家プロフィール

松尾(まつおさむ)

1970年崎県佐世保市生まれ、長崎県立佐世保北高等学校卒業、日本大学芸術学部写真学科中退、東京在住。

1995年ガジンハウスカメラアシスタントを経てフリーランスとして独立。

2001年限会社ストゥ設立。

2008年『他人のアルバム』(サンクチュアリ出版)

2010年真集『通学路崎県』(プランクトン)

2012年写真論』(PLANCTON)

2014年『TSP01道とクレーン』(STUH)

2015年TSP02かのアイドル』(日販IPS)

2016年TSP03HEAVYMETAL』(日販IPS)

2017年TSP0417』(日販IPS)

これまでに、ビートたけし、奥田民生などタレントのポートレートや、NIKE(ナイキ)のシューズなどコマーシャル・ワークを多数、手掛けている。

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?