ホーム > 市民活動・文化・スポーツ > 生涯学習 > うちどく(家読)講演会

ここから本文です。

更新日:2018年10月12日

うちどく(家読)講演会

市教育委員会では、平成27年3月に子ども読書推進計画「読書大好き佐世保っ子プラン」(第二次)を策定し、子どもの読書活動の推進に努めています。

に家庭での読書は、読書習慣の形成だけでなく、本を大切に扱い、人やことば、ものを大切にするという基本的習慣を身につける上でも大切です。

回、大人(保護者等)の皆さんが本の魅力と本に親しむことの大切さについて改めて理解を深めることで、読書に興味や関心があり本を身近に感じることが出来る家庭環境の醸成につながるよう本講演会を開催します。

日時

平成30年11月17日(土曜日)10時00分から12時00分(受付9時30分から)

場所

佐世保市中央公民館講堂(常盤町6-1)三ヶ町アーケード内エレナさま前【地図】

講師

井手良平氏(本のソムリエ・長崎好文堂書店)

~講師プロフィール~

1984年生まれ。長崎市出身。20歳までは本をまったく読まなかった…。そんな男が、ある本との出会いがきっかけでその魅力に引き込まれる。東京の会社を退職し、江戸川区にある書店「読書のすすめ」の店主、人呼んで「本のソムリエ」のもとで真髄を学ぶ。その後長崎に帰省し、稼業の蒲鉾屋を手伝いながら、長崎市の好文堂書店にてお客さんへの本の紹介をしている。噂が噂を呼び九州各地から来店されるお客さんも珍しくはない。緩くリアルなお客さんとのエピソード話や、ベストセラーではない素敵な本の話が面白い!と講演に呼ばれること多数。なんといっても本への知識と情熱が凄まじい‼

演題

「非まじめ読書理論」~読めば読むほど、バカになる!?読書のすすめ!~

内容

「どうやったら子どもは本を読むのだろう…?」「どんな本を勧めたらいいのかな…?」

家庭でついついテレビやスマホにはまりがちな子ども達に、もっと本を読んでもらいたい、本の魅力に気付いてほしい。多くの親が抱えるそんな悩みや疑問に、本のソムリエが素敵なヒントをお届けします。大人を対象とした笑いあり、気付きありのとても楽しい講演会です。

対象

読書に興味のある方ならどなたでも(内容は大人を対象としています)

定員

100名

11月13日(火曜日)までにお申し込みください。申込多数の場合は抽選

参加料

無料

託児

あり(無料)

11月13日(火曜日)までに電話にてお申し込みください。

定員が若干名のため申込状況によってはお断りする場合もあります。ご了承ください。

お申込み先

佐世保市教育委員会会教育課

電話またはチラシにある「申込専用QRコード」からお申込みください。

電話:0956-24-1111(内線3121)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-37-6137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?