ホーム > くらし > 鳥獣被害 > 有害鳥獣捕獲数の推移について

ここから本文です。

更新日:2017年6月5日

有害鳥獣捕獲数の推移について

有害鳥獣捕獲数の推移

(頭・羽)

年度 イノシシ

アライグマ

アナグマ

タヌキ

カラス

シカ

平成26年度

5,455

634

273

223

735

65

平成27年度

6,934

659

209

233

1,854

51

平成28年度

7,268

848

257

268

703

83

近年は毎年5,000頭を超えるイノシシを捕獲していますが、依然として農作物被害や生活環境被害が多く発生している現状です。また、アライグマの捕獲数が増加しています。

有害鳥獣からの被害を減少させるためには、柵などによる自衛と、餌となる食べ物(生ごみ等)を放置しないことが大切です。

↓網とワイヤーメッシュによる被害防止対策

自衛による防止対策写真写真奥ワイヤーメッシュ(JPG:213KB)

↓ワイヤーメッシュによる被害防止対策

ワイヤーメッシュによる被害防止(JPG:259KB)ワイヤーメッシュによる被害防止(JPG:265KB)

佐世保市鳥獣被害防止計画

お問い合わせ

農林水産部有害鳥獣対策室

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-1710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?