ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報係の取材日記 > しおかぜ総文祭が閉幕!

ここから本文です。

更新日:2013年8月5日

しおかぜ総文祭が閉幕!

高校生の文化の祭典、「第37回全国高校総合文化祭」(長崎しおかぜ総文祭)が7月31日(水曜日)から8月4日(日曜日)まで県内15市町で開催され、約3400校の高校生約2万人が参加して、コンテストや発表会、交流会などが催されました。

本市では佐世保特別支援学校の生徒によるオープニングイベントが7月31日、佐世保駅前広場で催され、総文祭が開幕。期間中、「吹奏楽」「合唱」「日本音楽」「書道」「写真」の5部門が開催され、アルカスSASEBOなど市内各所でステージ発表や作品展示、交流会などが行われました。

8月1日、市体育文化館では書道部門の生徒約310人が参加し、交流会が行われました。交流会は生徒たちが平和への思いを和紙に揮毫(きごう)し、5基の灯籠を製作するというもの。灯籠が完成し、点灯式で明かりが灯されると、場内から大きな歓声が上がりました。この書道部門の生徒実行委員長を務め、大会の準備に約2年間携わってきた椎山愛菜さん(佐世保西高3年)は、「同じ班になった生徒が『長崎に来て良かった。とても楽しかった』と言ってくれたことが本当にうれしかった。頑張ってきたことが実を結び本当に良かった」と話しました。

8月3日、市民会館では日本音楽部門の演奏がコンクール形式で行われました。上位チームは東京公演の出場権を得るということもあり、生徒たちは大きな緊張感の中で、これまで練習してきた成果を披露しました。参加した佐世保南高3年、邦楽部部長の中原千佳さんは「演奏はいつもどおりできた。すごく楽しめたし、今は達成感でいっぱいです」と話してくれました。

しおかぜ総文祭に参加された全国の高校生や関係者の皆さん、すばらしい作品などを披露していただき、ありがとうございました。そして、約2年前から準備に取り掛かり、大会期間中もさまざまなボランティアに携わっていただいた地元の高校生や関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした。

第37回全国高校総合文化祭(長崎しおかぜ総文祭)実行委員会ホームページへのリンク

JR佐世保駅構内に設置された総合案内所。スタッフは佐世保南高生で、案内所は佐世保工業高の生徒が製作しました

JR佐世保駅構内に設置された総合案内所。
スタッフは佐世保南高生で、案内所は佐世保工業高の生徒が製作しました

オープニングイベントで和太鼓の演奏を披露する 佐世保特別支援学校の生徒たち(7月31日、JR佐世保駅前広場)

オープニングイベントで和太鼓の演奏を披露する
佐世保特別支援学校の生徒たち(7月31日、JR佐世保駅前広場)

大会のテーマソング「今長崎(ここ)から」を合唱する生徒たち

大会のテーマソング「今長崎(ここ)から」を合唱する生徒たち

心のこもった特別支援学校の生徒の合唱に拍手を送る観客

心のこもった特別支援学校の生徒の合唱に拍手を送る観客

全国から多くの生徒が参加した書道部門の交流会(8月1日、コミュニティセンター小体育館)

全国から多くの生徒が参加した書道部門の交流会
(8月1日、コミュニティセンター小体育館)

和紙に平和へのメッセージを揮毫する生徒

和紙に平和へのメッセージを揮毫する生徒

自分の平和への思いを班員に紹介する生徒

自分の平和への思いを班員に紹介する生徒

揮毫されたメッセージを灯籠の木枠に貼る生徒

揮毫されたメッセージを灯籠の木枠に貼る生徒

会場の照明を暗くして行われたメッセージ灯籠の点灯式

会場の照明を暗くして行われたメッセージ灯籠の点灯式

息の合ったプレイを見せる東芝姫路の杉本選手(右)と森原選手(左)

「認め愛支え愛」とメッセージを書いた椎山愛菜さん(佐世保西高3年)

「明日に向かって」とメッセージを書いた那須しほりさん(聖和女子学院高2年)

「明日に向かって」とメッセージを書いた那須しほりさん(聖和女子学院高2年)

全国の高校生の作品313点が一堂に展示された市体育文化館

全国の高校生の作品313点が一同に展示された市体育文化館

高校生の秀作の数々を観覧する来場者

高校生の秀作の数々を観覧する来場者

楽しい口調で県北合同チームの紹介を行うチームメンバー

楽しい口調で吹奏楽・県北合同チームの紹介を行うチームメンバー
(8月2日、アルカスSASEBO)

県北地区の吹奏楽部の生徒が合同で参加した吹奏楽部門

県北地区の吹奏楽部の生徒が合同で参加した吹奏楽部門

演奏を披露する県北地区合同チームの生徒たち

演奏を披露する県北地区合同チームの生徒たち

演奏が終了し、観客にあいさつする県北地区合同チームの生徒など

演奏が終了し、観客にあいさつする県北地区合同チームの生徒など

演奏の合間に事前に準備してきたボードを披露する 県外から参加した生徒たち

演奏の合間に事前に準備してきたボードを披露する
県外から参加した生徒たち

本音楽部門の本番直前に練習する佐世保南高邦楽部の部員

日本音楽部門の本番直前に練習する佐世保南高邦楽部の部員
(8月3日、市民会館)

本番に臨む前に声を掛け合い、気持ちを一つにする先生と生徒たち

本番に臨む前に声を掛け合い、気持ちを一つにする邦楽部の皆さん

本番での演奏を終え、感極まって抱き合う生徒たち

本番での演奏を終え、感極まって抱き合う生徒たち

日本音楽に参加した佐世保南高邦楽部の皆さん

日本音楽に参加した佐世保南高邦楽部の皆さん

合唱部門の最後に披露された「西海讃歌」(8月4日、アルカスSASEBO)

合唱部門の最後に披露された「西海讃歌」(8月4日、アルカスSASEBO)

九十九島の空撮映像が映されるなど凝った演出が施されたステージ

九十九島の空撮映像が映されるなど凝った演出が施されたステージ

総勢307人が参加した長崎県合同合唱団

総勢307人が参加した長崎県合同合唱団

そろいの青いTシャツで合唱する生徒たち

そろいの青いTシャツで合唱する生徒たち

合唱部門の最後を飾り、熱唱する生徒たち

合唱部門の最後を飾り、熱唱する生徒たち

スタッフ全員で「今長崎から」を合唱した閉会式

スタッフ全員で「今長崎から」を合唱した閉会式

取材No.331/平成25年7月31日~8月4日/アルカスSASEBOなど

お問い合わせ

総務部秘書課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-2184

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?