ホーム > 市政情報 > 情報公開・個人情報保護 > 情報公開制度について

ここから本文です。

更新日:2017年6月27日

情報公開制度について

1.制度の概要

佐世保市情報公開条例(平成13年条例第4号)に基づき、市民の皆様が知りたい市政情報の公開を請求することができる制度です。

市民の知る権利を保障することにより、市政への理解を深めていただくとともに、公正で開かれた市政の実現と市民の市政参加の推進を目的とするものです。

参照:佐世保市情報公開条例(平成13年条例第4号)(PDF:232KB)

2.公開請求できる方

どなたでも公開請求をすることができます。

3.情報公開を実施する機関

情報公開を実施する機関(「実施機関」といいます。)は、市長、教育委員会、選挙管理委員会、農業委員会、公平委員会、監査委員、固定資産評価審査委員会、消防長、公営企業管理者、議会です。

なお、議会については、佐世保市議会情報公開条例(平成13年条例第35号)に基づくものとなります。

4.情報公開請求の対象となる行政文書

実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真、フィルム及び電磁的記録であって、当該実施機関が組織的に用いるものとして保有しているものが公開請求の対象となります。

5.公開請求の方法

「情報公開請求書」に必要事項を記載いただき、公開請求をしたい文書を保有している実施機関の所管課に提出してください(郵送可)。

公開を求める情報をどの課が保有しているかが不明なときは、総務部総務課までご相談ください。

請求書のダウンロード:情報公開請求書(PDF:9KB)

6.公開の実施

閲覧又は写しの交付を行う日時や場所については、公開の決定通知と一緒にお知らせします。

閲覧については無料ですが、写しの交付や送付を希望する場合は、実費相当の費用をご負担いただきます。

写しの交付に要する費用:施行規則別表(PDF:89KB)

7.公開できないことがある情報

プライバシーなどの個人情報や公共の安全情報などの非公開情報を除き、原則公開となります。

非公開情報は以下のとおりです。

1.法令等の規定により公開することができない情報

2.特定の個人が識別される情報又は識別できないが公開することにより個人の権利利益を害するおそれのある情報

3.公開することにより、法人等の正当な利益が損なわれるおそれのある情報

4.公開することにより、公共の安全と秩序の維持に支障が生じるおそれのある情報

5.市の機関内部又は相互間若しくは市の機関と国等の機関の間における審議、検討及び協議に関する情報で、公開することにより、率直な意見交換や意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれのあるもの、不当に市民の間に混乱を生じさせるおそれのあるものなど

6.市、国等の機関が行う事務事業に関する情報で、公開することにより、事務事業の性質上、当該事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれのあるもの

7.国等との協力関係に関する情報で、公開することにより、国等との協力関係を著しく害するおそれのあるもの

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9677 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?