ホーム > まちづくり・環境 > 開発 > 宅地造成等規制法

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

宅地造成等規制法

宅地造成等規制法による宅造許可について

宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事については、造成主は当該工事に着工する前に市長の許可を受けなければならない。

(宅地造成等規制法第8条第1項)

宅地・宅造行為とは

「宅地」とは、農地、採草牧草地及び森林ならびに道路、公園、河川等の公共の用に供する施設の用に供されている土地以外の土地をいう。

(宅地造成等規制法第2条第1項第1号)

 

「宅地造成」とは、宅地以外の土地を宅地にするため又は宅地において行う土地の形質の変更をいう。詳細は次に掲げるものとする。

1)切土であって、当該切土をした土地の部分に高さが2メートルを超える崖を生ずることとなるもの

2)盛土であって、当該盛土をした土地の部分に高さが1メートルを超える崖を生ずることとなるもの

3)切土と盛土とを同時にする場合における盛土であって、当該盛土をした土地の部分に高さが1メートル以下の崖を生じ、かつ、当該切土及び盛土をした土地の部分に高さが2メートルを超える崖を生ずることとなるもの

4)上記1)から3)のいずれかに該当しない切土又は盛土であって、当該切土又は盛土をする土地の面積が500平方メートルを超えるもの

(宅地造成等規制法第2条第1項第2号、宅地造成等規制法施行令第3条)

 

佐世保市宅地造成等規制法施行細則

佐世保市宅地造成等規制法施行細則

リンク様式は下記の通りです。

障害物の伐除・土地の試掘等許可申請書

許可を受けた旨を表示する標識

宅地造成に関する工事の変更許可申請書

宅地造成に関する工事の変更届出書

宅地造成に関する工事の届

工程報告書

宅地造成に関する工事の一部完了検査申請書

検査済証の交付を受けた旨を表示する標識

標準処理期間について

開発許可制度等の標準処理期間について