ホーム > 市政情報 > 計画 > 施設再編保全

ここから本文です。

更新日:2017年4月24日

施設再編保全

高度経済成長や人口増加など右肩上がりの情勢を背景として、本市では3,000棟を超える膨大な施設を保有するに至っています。これら施設の多くにおいて、建築後40年から50年が経過し、老朽化が進行していることから、今後一斉に更新時期を迎え、多額の経費が必要になります。

一方、人口減少や少子高齢化がより一層進行することにより、市税収入が減少する中で、社会保障関連経費の増加が想定されます。

これらのことから、現存する全ての施設を更新し、引き続き維持管理を継続していくことは困難であるため、従来の「古くなったら建替え」ではなく、佐世保市の身の丈にあった維持可能な保有量への見直しと、必要な施設の長寿命化に取り組んでいます。

全国的な問題でもある「公共施設の老朽化問題」について、佐世保市の現状を説明しています。

佐世保市施設白書の作成を皮切りとして、これまで取り組んできた経過について説明しています。

施設の配置や利用状況、維持管理運営に要するコスト等を調査し、その実態を様々な視点から把握・分析したものです。

市有資産を取り巻く課題に対応しつつ、市有資産を有効に活用していくための基本的な考え方を整理したものです。

資産活用基本方針に掲げる「資産総量の縮減」に向けて、公共施設の配置を見直すにあたっての考え方や視点を整理したものです。

資産活用基本方針に掲げる「計画的な保全による施設の長寿命化」を実現するための方向性を示すものです。

個別施設のあり方を市民対話により検討していくため、あらかじめ適正配置や長寿命化の基本的なルールや進め方を定めるものです。

国からの要請によりインフラを含めた公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する基本的な方針を定めたものです。

7つのエリア別に再編及び長寿命化を具体的に定める実施計画の策定に関するお知らせをエリア別にまとめています。

施設の再編及び長寿命化に関する今後の取組みの概要をお知らせしています。なお、取組みの時期は変更する可能性があります。

これまでに広報させぼへ掲載した施設の再編及び長寿命化に関する記事をダウンロードすることができます。

 

 


 

お問い合わせ

財務部施設再編整備推進室

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9648 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?