ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症におけるイベント等の開催制限について

ここから本文です。

更新日:2022年12月5日

新型コロナウイルス感染症におけるイベント等の開催制限について

通知た「本的対処方針に基づくイベントの開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」(令和4年11月25日付内閣官房事務連絡)においてイベント等の開催にあたっては、県の「イベント等開催制限について(新型コロナ関連)」に則り実施していただきますようお願いいたします。

目次

 1.イベント開催制限の考え方(人数上限、収容率等)

基本的な感染防止策を徹底したうえで、国・県の開催基準を基に、イベント等の開催にかかる人数上限、収容率等の要件については、下記を目安とします。

人数上限

感染防止安全計画を策定した場合

収容定員まで

収容定員がない場合は、「1m未満で人と人が触れ合わない程度の間隔が確保できる」まで

感染防止安全計画を策定しない場合

5,000人または収容定員50%のいずれか大きい方まで

収容定員がない場合は、5,000人または「十分な人と人との間隔(できるだけ2m最低1m)が確保できる」のいずれか大きい方まで

収容率

感染防止安全計画を策定した場合

収容定員100%

収容定員がない場合は「1m未満で人と人が触れ合わない程度の間隔が確保できる」まで

感染防止安全計画を策定しない場合

大声なし

収容定員100%

収容定員がない場合は「1m未満で人と人が触れ合わない程度の間隔が確保できる」まで

大声あり

収容定員50%

収容定員がない場合は「十分な人と人との間隔(できるだけ2m最低1m)が確保できる」まで

arinasi-ibentokeikaku

感染状況に応じたイベント開催制限等について(別紙1)

「大声」とは

「大声」を「観客等が、通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること」と定義し、これを積極的に推奨する又は必要な対策を十分に施さないイベントを「大声あり」に該当するものとする。
具体例:スポーツイベントにおいては、反復・継続的に行われる応援歌の合唱を大声ありする。※なお、得点時の一時的な歓声等は必ずしも当たらない。

目次に戻る→

2.イベント開催等に必要な感染防止策

1.イベント参加者の感染対策

(1)感染経路に応じた感染対策

①飛沫感染対策

  • 適切なマスク(不織布マスクを推奨。以下同じ。)の正しい着用の周知・徹底
  • イベント会場(客席、入退場口やトイレ等の共用部)におけるイベント参加者間の適切な距離の確保

(「大声あり」、「大声なし」のエリアを明確に区分して開催する場合、上記の対策に加えて)

  • 大声なしエリア・大声ありエリアの明確な区分があり、それぞれにおける、イベント参加者間の適切な距離の確保
  • 大声なしエリアにおける、大声を防止するための対策の実施

②エアロゾル感染対策

  • 機械換気による常時換気又は窓開け換気
  • 適切なマスクの正しい着用の周知・徹底【①と同様】
  • イベント会場(客席、入退場口やトイレ等の共用部)におけるイベント参加者間の適切な距離の確保【①と同様】

③接触感染対策

  • イベント参加者によるこまめな手洗・手指消毒の徹底や、主催者側によるイベント会場(客席、入退場やトイレ等の共用部)の消毒の実施
  • イベント会場(客席、入退場口やトイレ等の共用部)におけるイベント参加者間の適切な距離の確保【①と同様】

(2)その他の感染対策

④飲食時の感染対策

  • 上記(1)感染経路に応じた感染対策と併せて、飲食時の感染対策(食事中以外のマスク着用、飲食に伴いマスクを外す際の会話自粛等)の徹底の周知

⑤イベント前の感染対策

  • 発熱等の症状がある者のイベント参加の自粛の呼びかけ

⑥感染拡大対策

  • イベントで感染者が発生した際の参加者への注意喚起

2.出演者やスタッフの感染対策

⑦出演者やスタッフの感染対策

  • 出演者やスタッフによる、練習時・本番等における上記(1)感染経路に応じた感染対策に加え、健康管理や必要に応じた検査等の実施
  • 舞台と客席との適切な距離の確保など、出演者やスタッフから参加者に感染させないための対策の実施

 

イベント開催等における必要な感染防止策1(別紙2)

イベント開催等における必要な感染防止策2(別紙2)

イベント開催等における必要な感染防止策3(別紙2)

目次に戻る→

3.感染防止安全計画の手続き

感染防止安全計画を策定するイベントについて

主催する「参加人数が5,000人超かつ収容率50%超のイベント(※)」については、感染防止安全計画を作成のうえ、イベント開催の2週間前までに、県後援・県共催・県有施設のイベントは県担当部署、その他のイベントは県コロナ事務局に提出してください。また、イベント終了後1ヶ月以内に、結果報告書を作成し、県担当部署または県コロナ事務局に提出してください。ただし、クラスター発生や感染防止策の不徹底等の問題が発生した場合は、直ちに提出してください。

感染防止安全計画を策定しないイベントについて

イベント開催前に、感染防止策チェックリストを作成し、ホームページやSNS、イベント会場における掲示などで公表し、イベント終了から1年間保管してください。また、イベントにおいて、クラスター発生や感染防止策の不徹底等の問題が発生した場合は、直ちに、県後援・県共催・県有施設のイベントは県担当部署、その他のイベントは県コロナ事務局に、感染防止策チェックリストを添えて結果報告書を提出してください。

【参考(図):感染防止安全計画策定等に係る事務手続きフロー(内閣官房)】

感染防止安全計画策定等に係る事務手続きフロー

 

感染防止安全計画の提出先

郵便番号:850-8570

住所:長崎市尾上町3番1号

長崎県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(TEL:095-894-3191)

E-Mail:corona-taisaku@pref.nagasaki.lg.jp

【参考】関係各府省庁・都道府県の窓口一覧都道府県事前相談窓口(県ホームページ)

 

目次に戻る→

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部新型コロナウイルス感染症特別対策室

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?