ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 予防接種 > BCG予防接種について

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

BCG予防接種について

BCGは結核の予防接種です。定期予防接種対象期間は、1歳に至るまで(1歳の誕生日前日まで)とされており、標準的接種時期は、生後5か月から生後7か月頃となっています。(接種回数は1回

佐世保市では、平成30年度まで集団接種を実施していましたが、平成31年4月から集団接種を廃止して、すべて個別に医療機関で接種していただくようになりました。

お子様の体調、他の予防接種スケジュール等により、都合のよい日に接種を受けてください。

なお、長期疾病などのやむを得ない場合を除き、定期接種期間外(1歳の誕生日以降)に接種する場合は、接種費用は全額自己負担となり、万が一、予防接種による健康被害が生じた場合でも、国の救済制度による補償が受けらないこととなりますのでご注意ください。

対象者

  • 1歳に至るまで(1歳の誕生日前日まで)

(標準的な接種年齢は、生後5か月~8か月頃です)

接種医療機関

接種時に必要なもの

  • 母子健康手帳
  • 予診票は、各医療機関に配布しておりますので、個別郵送はしておりません。

BCG接種後の注意事項

  • BCGは紫外線に弱いので、接種部位に日光が当たらないようにしましょう。
  • 入浴は、差し支えありませんが、接種部位をこすらないようにして下さい。
  • 接種部位には、接種後2週間前後から赤いポツポツができ、一部に小さいうみができることがあります。この反応は、4週間ぐらいでもっとも強くなりますが、「かさぶた」ができて接種後3か月までには、小さなあとが残るだけになります。「かさぶた」を無理にはがしたり、「バンソウコウ」をはったりしないで、そのまま普通に清潔を保ってください。3か月を過ぎても化膿しているような場合は医師にご相談ください。
  • 副作用について
    結核にかかったことがある場合は、接種後数日から10日以内に接種局所が赤く腫れたり、化膿したりすることがあります。このような症状があった場合は、できるだけ早く、接種医療機関までご相談ください。
    また、接種した側のわきの下のリンパ節がまれに腫れることがあります。通常放置して様子をみてもかまいませんが、時にただれたり、大変大きく腫れたり、まれに化膿して自然にやぶれてうみが出ることがあります。その場合にも医師にご相談ください。
  • 接種した日の翌日から27日は、他の注射生ワクチンの接種はできません。ご注意ください。

予防接種の対象年齢(月齢)の考え方

「1歳に至るまでの間」とは1歳の誕生日の前日までとなります。

<例>1月1日が誕生日の方の場合、12月31日までが対象期間となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?