ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 感染症 > 成人男性の風しん抗体検査及び予防接種について(風しんの追加的対策)

ここから本文です。

更新日:2019年6月11日

成人男性の風しん抗体検査及び予防接種について(風しんの追加的対策)

風しんの追加的対策

風しんの予防接種は、現在予防接種法に基づいて公的に行われていますが、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、公的な接種を受ける機会がなかったため、約20%が風しんへの抵抗力が弱いことがわかっています。そのため厚生労働省は、2022年3月31日までの期間に限り、クーポン券を利用して、風しん抗体検査・予防接種が無料で受けられることとしました。

風しんは感染力が強く、特に妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると胎児に難聴・白内障・心疾患などの障害を伴う先天性風しん症候群を発症する可能性があります。また、大人が発症すると無症状から軽症のことが多いですが(無症状でも他人にうつすことがあります)、まれに重篤になるケースもあります。

全国的に風しんが流行しています。感染を拡大させないためにも、この機会に、ぜひ抗体検査を受け、必要であれば必ず予防接種を受けてください。

受診内容

1)風しん抗体検査

対象者:昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性(抗体検査時に佐世保市に住民票がある方)

期間:2022年3月31日まで

費用:無料

2)風しん第5期定期予防接種

対象者:昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で、抗体検査の結果、十分な量の抗体がなかった方(予防接種時に佐世保市に住民票がある方)

期間:2022年3月31日まで

費用:無料

受診方法

抗体検査および予防接種、共に市町村が発行するクーポン券※1と本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を持参の上、全国の実施医療機関※2で受けることができます。また、国民健康保険による特定健診や職場での健診※3の際も抗体検査を受けることができます。

クーポン券※1

  • クーポン券は段階的に年度ごとに送付するため、2019年度発送対象者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方となっています。2019年度発送対象でない昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの方で、抗体検査を希望される方は、健康づくり課までお問い合わせください。
  • 受診時に住民票がある自治体から交付されたクーポン券が必要となるため、転出された場合は転入先の市町村担当窓口にお問い合わせください。

全国の実施医療機関※2

職場での健診※3

  • 職場での健診担当に抗体検査が可能かお尋ねください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?