ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症関連情報

ここから本文です。

更新日:2022年5月19日

新型コロナウイルス感染症関連情報

受診・相談の流れ

新型コロナウイルスに関する一般的な問い合わせ

  • 一般相談窓口(0956-25-9809)
    9時から17時まで(平日のみ)

発熱・倦怠感などの症状がある方

  • かかりつけ医等の身近な医療機関(事前に医療機関へ電話で相談してください
  • 受診・相談センター(0120-071126)
    24時間対応(土曜日、日曜日、祝日含む)

 

佐世保市内の発生状況

長崎県内の発生状況

コロナワクチン接種

経済対策・生活支援

検査対象となった皆さまへ

自宅療養される皆さまへ

濃厚接触者になった皆さまへ

職場での陽性者確認に備えて

佐世保市からのお願い

 

Level20220421

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

4月20日、県下全域の感染段階が「レベル2-1」に引き上げられました。

本市では、1月末に第6波のピークとなりましたが、ゴールデンウィーク以降、再び1日あたり150人以上の感染が発生するなど、増加傾向に転じており、特に子どもたちへの感染拡大が顕著となっています。

子どもたちの感染を防ぐため、手洗い、手指消毒を徹底していただき、人との接触が考えられる場所では、可能な限りマスクの着用をお願いします。

 

kannsennkakudaibousinaikakuhp2

 

【佐世保市からのお願い】感染防止対策の徹底と継続を!

  • 感染リスクが高い行動は避け、感染不安を感じたら検査を受けてください
  • 会食は、コロナ対策認証店を利用し、1テーブル4人以内とするなど、大人数や密にならないようご注意ください
  • 会食時を含め、会話をする際等は、マスク着用を徹底してください
  • 高齢者や基礎疾患をお持ちの方と接する際は、家庭内であってもマスクを着用するなど、感染防止対策を徹底してください

 

感染防止対策とワクチン接種でSTOP✋コロナ

ワクチンは重症化・発症予防に効果的

30歳代以下の感染が7割を超えています。ワクチンは自らを守り周りへの感染も防ぎます

  • 若い世代でも重症化することがあります。
  • 若い世代においても重症度に関わらず後遺症で悩む方が少なからず認められています。
  • ワクチン接種は強制ではありませんが、自らの健康を守るため、そして家族や仲間など、大切な人を守るため、積極的なワクチン接種をお願いします。
  • ワクチン接種が、同調圧力(少数意見者に対し、多数の者と同じ行動を取るように暗黙のうちに強制すること)とならないようご注意ください

ページの先頭へ戻る

市長のメッセージ

ページの先頭へ戻る

感染症対策

市民の皆さまにおかれましては、特に以下のことに留意し、今後もさらなる感染予防対策をお願いいたします。

  • 手洗いや咳エチケットの徹底など、お一人お一人ができる予防対策を確実に実施してください。
  • 3密(密閉、密集、密接)となる場所への外出は自粛し、それ以外の外出についても3密を徹底的に避けるとともに感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践に努めてください。
  • 皆さまの身近な方で、さまざまな理由で本市に来られる皆さんに対しましても、適切な感染予防対策を勧めていただくなど、一人一人の意識を高めましょう。

感染予防として『新しい生活様式』を取り入れましょう

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議から、感染拡大防止のため、日常生活で心がける「新たな生活様式」の実践例が示されました。

市民お一人お一人が日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

自らの感染と周囲への感染拡大を防ぐため、できることから新しい生活様式に取り組みましょう。

佐世保市の医療体制を守りましょう

新型コロナウイルス感染症の陽性者が増えると

  • コロナ対応により医師や看護師の負担が普段以上に増加します。
  • コロナ患者専用の病床を確保するため、一般の病床が減ってしまいます。
  • 救急患者や外来患者の受け入れを制限せざるを得なくなります。

必要な時に適切な医療を受けられるよう、みんなで大切な医療機関を守っていきましょう。

熱中症にご注意ください

環境省と厚生労働省から、適宜マスクをはずすなどの「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントが示されています。

3密(密閉、密集、密接)を避けつつ、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がい者の方への目配り、声かけをお願いします。

マスク等の着用が難しい方への配慮について

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、マスク等の着用をお願いしておりますが、持病や障害など様々な事情で着用が難しい方がいらっしゃいます。また、熱中症対策などでマスク等を着用しないことを選択すべき場面もあります。

マスク等の着用が一般的になった今、着用されていない方を見かけたら、感染リスクを心配されると思いますが、まずは「何か特別な事情があるのかもしれない」と思いを寄せていただき、決して批判的な行動や発言をその方に向けることがないようご理解とご配慮をお願いいたします。

 

ページの先頭へ戻る

相談窓口

ページの先頭へ戻る

検査センターで検査を受ける方へ

検査センター(保健所の地域外来・検査センターまたは医師会検査センター)での検査は【ドライブスルー方式】となります。

ドライブスルー方式とは?

  • 医療従事者の感染リスクを抑えるため、検査を受ける本人は車に乗ったままで検体採取を行います。
  • 検査会場で車から降りることはできません。指示があるまでは窓も開けられません。

検査方法は?

  • 鼻に細い綿棒を差し込む【鼻咽頭ぬぐい】と、唾液を採取管に入れる【唾液採取】の2種類があります。
  • 特性や状況に応じて保健所が判断しますので、検査方法を選択することはできません。

検査を受けるときの注意事項等

 

教育・子育て

保育所・放課後児童クラブ(学童クラブ)・児童センター等

子どもの健診

ページの先頭へ戻る

施設・イベント

各施設の対応状況

イベント等の中止

ページの先頭へ戻る

事業者の方へ

経済対策

お知らせ

高齢者施設向け

障がい福祉施設向け

医療機関・検査機関向け

佐世保地域外来・検査センターについては令和2年10月1日より、一般社団法人佐世保市医師会に運営していただいております。
つきましては、検査の相談・依頼をされる場合には「佐世保市医師会相談・検査センター」へご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

その他

市内外の皆様から多くのご支援をいただきました

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、市民をはじめ、市内外の団体・法人の皆様から寄付金やマスクなどの物資を支援していただきました。ご支援いただいた皆様には厚くお礼を申し上げます。

いただいた寄付金の一部は、医療従事者の皆様への食事提供(デリバリー)に活用したほか、マスク等は市内医療機関や福祉施設などで活用させていただきます。

ご支援いただいた皆様に感謝の意を込め、公表に承諾された方のお名前と支援内容を紹介します。

お知らせ

町内会等の皆さまへ

検診・検査など

運動不足解消

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページから)

ページの先頭へ戻る

関連情報(外部リンク)

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?