ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種・感染症 > 予防接種 > 成人用肺炎球菌ワクチン予防接種について

ここから本文です。

更新日:2018年3月31日

成人用肺炎球菌ワクチン予防接種について

成26年10月1日から定期の予防接種となりました。

成人用肺炎球菌ワクチン対象者は接種費用の一部(3,000円)を佐世保市が負担します。

※過去に成人用肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌ワクチン)の接種歴がある方は対象外となります。

平成26年度~平成30年度(経過措置期間)の対象者

  1. 各年度(4月1日~3月31日)に、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方。
  2. 60歳~65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に著しい障害を有する方

平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)に対象となる方の生年月日

昭和28年4月2日~昭和29年4月1日
昭和23年4月2日~昭和24年4月1日
昭和18年4月2日~昭和19年4月1日
昭和13年4月2日~昭和14年4月1日
昭和8年4月2日~昭和9年4月1日
昭和3年4月2日~昭和4年4月1日
大正12年4月2日~大正13年4月1日
大正7年4月2日~大正8年4月1日

平成31年度(2019年度)以降の対象者

  1. 65歳の方
  2. 60歳~65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に著しい障害を有する方

接種期間(予防接種を受け、助成金の対象となる期間)

平成30年度の接種期間:平成30年4月1日~平成31年3月31日

接種費用(対象者の方が期間内に接種した場合)

  • 接種費用は、医療機関により異なります
  • 医療機関の設定金額から佐世保市の負担額(3,000円)を差し引いた額が自己負担額となります
  • なお、生活保護受給対象者または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律における支援給付対象者の方は、証明書等(生活福祉課で発行)の提出により自己負担が免除となります。

接種場所(予防接種実施医療機関)

※上記の医療機関で実施できない方(施設入所等の特別な事情がある方)は、下記担当課へご相談ください。

※保健所では、予防接種は実施していません。

接種前説明書

※予防接種を受ける前にお読みください(医療機関でも予診票とともに提示されます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?