ここから本文です。

更新日:2023年12月20日

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

大正11年(1922)に建設された長波通信施設。佐世保で熟成された鉄筋コンクリート技術の到達点というべき超高層構造物。

我が国の土木技術、電波技術史上における価値が評価され平成25年(2013)に国重要文化財に指定された。

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設」は以下の6施設から構成されている。

【説明ページへは施設名(下線あり)をクリックしてください。説明ページへ移動します。】

施設名 住所 公開/非公開

旧佐世保無線電信所第一号電信塔(1号塔)

佐世保市針尾中町 外観のみ公開

旧佐世保無線電信所第二号電信塔(2号塔)

佐世保市針尾中町 非公開(各所より遠望可)

旧佐世保無線電信所第三号電信塔(3号塔)

佐世保市針尾中町 公開

旧佐世保無線電信所電信室

佐世保市針尾中町 公開
旧佐世保無線電信所油庫 佐世保市針尾中町 公開
旧佐世保無線電信所見張所 佐世保市針尾中町 公開

 

針尾送信所VR、360°バーチャルツアー(外部リンク)

針尾送信所空中散歩~空から無線塔を見てみよう~

 

日本遺産とは構成文化財一覧モデルルート

 

お問い合わせ

観光商工部観光課

電話番号 0956-24-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?