ホーム > まちづくり・環境 > 地球温暖化防止 > 「ゼロカーボンシティ宣言」を表明しました。

ここから本文です。

更新日:2022年4月19日

「ゼロカーボンシティ宣言」を表明しました。

近年、持続可能な社会の構築が叫ばれ、世界的な脱炭素化の潮流が加速する中、日本政府は、2050年までに脱炭素社会の実現を目指すことを宣言し、全国的にその取り組みが求められています。

佐世保市は令和4年2月17日の市長会見において、2050年までに市内からの温室効果ガス排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」へ挑戦することを表明しました。

当面の目標としては、国が示した目標と合わせ、2030年までに温室効果ガス排出量の2013年比46%削減を目指します。

図1.本市の温室効果ガス排出量の推移と削減目標(2013年度比)

 

今後の取り組み

佐世保市環境基本計画の改定において、これまでの実績を踏まえつつ、2050年脱炭素社会に向けた取り組みを検討しています。なお、令和4年度は新たな取り組みとして、以下の事業の検討を行います。

●木質バイオマス事業の導入可能性の検討

●再生可能エネルギー由来の自主電源確保や水素利活用などの検討

●ブルーカーボン・オフセットの調査研究

その他にも様々な検討を進め、市民の皆様、事業者の皆様との協同のもと「ゼロカーボンシティ」に積極的に挑戦してまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

環境大臣からのメッセージ

佐世保市ゼロカーボンシティ宣言について、環境大臣からメッセージ(PDF:181KB)をいただきました。

環境大臣メッセージ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境政策課

電話番号 0956-31-6520

ファックス番号 0956-34-4477 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?