ホーム > 事業者の方へ > 入札情報 > 工事/建設コンサル > 電子入札システムポータル > 【重要・続報あり】電子入札システムに必要なJRE8の公式サポート終了について

ここから本文です。

更新日:2019年1月24日

【重要・続報あり】電子入札システムに必要なJRE8の公式サポート終了について

続報

JACIC開設のダウンロードサイトにて電子入札専用JRE8の無償提供が開始されました。

在無償提供されいている「JRE8update191」は、本市電子入札システムにおいて動作確認済みです。
市電子入札参加者にあっては、パソコンへの適用等ご対応いただくことが望ましいですが、ICカード・リーダ等対応状況の事前確認などの注意事項があります。
下の1月16日付お知らせ(
注意事項)をご確認いただいたうえで、各々ご判断いただきますようお願いいたします。

平成31年1月16日付お知らせ

子入札システムの利用に必要なソフトウェアであるJavaRuntimeEnvironmentのバージョン8(JRE8)のメーカー公式サポートが、平成31年1月をもって終了します。

公式サポート終了後は、電子入札システムの開発元である一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)から電子入札参加者に対して、引き続き最新版のJRE8(電子入札専用)が無償提供される予定です。
提供開始は1月下旬予定となっていますが、続報があり次第、改めて市ホームページにてご案内いたします
なお、JACICの発表内容については電子入札コアシステムホームページ「応札者向け情報」(JACICホームページにジャンプします。)をご確認ください。

(補足)JREについて

JREは、電子入札システムを利用するパソコンに必要なソフトウェアで、電子入札用ICカード取得時またはカードリーダ購入時に民間認証局から提供されるものです。
常、電子入札用のパソコンにおいてICカードやカードリーダをセットアップする際にインストールされています。

注意事項 

  • 現在JRE7等の古いバージョンをご使用の場合、JRE8にバージョンアップすることでシステムが利用できなくなる可能性があります。バージョンアップ前に、ICカード・リーダ等がJRE8ubdate191に対応しているかご確認ください。(現在ご使用のJREのバージョンが不明な場合やICカード・リーダ等のJRE8対応状況については、ICカードまたはカードリーダ購入先(民間認証局等)のホームページ等でご確認ください。)
  • JACICが提供するJRE8を導入しなくても、引き続き電子入札システムを利用することは可能ですが、サポートが終了したソフトウェアの使用は、脆弱性や欠陥が修正されないままとなりセキュリティリスクが高い状態となりますので十分にご注意ください。

お問い合わせ

契約監理室契約課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9624 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?