ホーム > 市民活動・文化・スポーツ > 国際化・姉妹都市 > 国際交流員 > 韓国国際交流員の李城姫さんの活動報告会を実施しました

ここから本文です。

更新日:2021年5月7日

韓国国際交流員の李城姫さんの活動報告会を実施しました

佐世保市の韓国国際交流員の李 城姫(イ ソンヒ)さんの活動報告会を、令和3年3月24日に実施しました。

李交流員は令和3年4月に任期満了により離任するため、平成29年(2017年)に国際交流員として着任してからの4年間の集大成を報告しました。(李交流員の離任メッセージ

報告会の前半では、4年間の振り返りとして、韓国の姉妹都市等(坡州市釜山広域市西区)との間で実施した青少年交流や行政交流の紹介、市民向けに実施した韓国文化講座などを紹介しました。

2020JET活動報告会1 2020JET活動報告会2

 

報告会の後半では、令和2年度の活動報告として、新型コロナウイルス感染症の影響で従来の交流や活動が実施できない中、李交流員が企画した様々なオンライン交流事業(青少年オンライン交流・オンライン語学講座・韓国料理リモート教室など)の事例を紹介しました。

2020JET活動報告会3 2020JET活動報告会4

 

活動報告会の最後には、離任後も佐世保の魅力を韓国をはじめ多くの人々へ伝えていってほしいという想いとともに、朝長市長から「佐世保観光ふるさと大使」の委嘱状を交付されました。

2020JET活動報告会5

李 城姫交流員からのメッセージ

佐世保市の皆さん、アンニョンハセヨ(こんにちは)!韓国国際交流員の李城姫(イソンヒ)です。この4月で国際交流員の任期を終え、佐世保を離れることになりました。

2017年2月に第一希望の佐世保市への着任が決まり、4月の来日までの間、とてもわくわくしていたことを今も覚えています。それからあっという間に4年がたち、「佐世保」と聞くと自分のことのように思えるほど大好きになりました。

国際交流員としての4年間は、姉妹都市交流事業、翻訳・通訳、文化講座や韓国語講座、オンライン料理教室、ラジオ出演など様々な業務に携わってきました。特に姉妹都市交流事業は、「人と人をつなぐ仕事がしたい」という自分の夢を叶えてくれた大切な仕事です。青少年交流やスポーツ交流、行政交流などを通じて、日本と韓国のたくさんの方々が笑顔で交わる様子を間近で見ることができて本当に嬉しかったです。

また、市民の皆さんとの交流も大好きな仕事でした。韓服(チマチョゴリ)の折り紙やストラップ作りなど、参加者の皆さんと触れ合いながら文化を紹介した時間はとても楽しかったです。コロナ禍ではオンラインを活用して韓国料理リモート教室を行いましたが、初めての取り組みで、料理が苦手な私にとっては緊張の連続でした。でも、画面越しではありましたが、参加者の皆さんと一緒に料理を作り、場所は違っても同じ料理を食べて「おいしい」という感想を聞くと、交流していることを実感できたので、やってよかったなと思います。おかげで私自身も料理に少し慣れて作れる料理も増えました。(笑)

佐世保での生活も満喫できたと思います。ハウステンボスは年間パスポートで何回も行きましたが、バラ祭りや夏の花火大会は欠かさず行くほど好きでした。早岐茶市やビーチクリーンアップ、シーサイド・フェスティバル、江迎千灯籠まつり、梅ケ枝酒造の蔵開き等、様々なイベントに参加するのも楽しかったです。特に「佐世保よかよかかっちぇる隊」の一員として、YOSAKOIさせぼまつりに2年間参加し、雨に濡れながらも楽しく踊ったのは良い思い出となっています。

また、「星きらり」のプラネタリウムで教えてもらったオリオン座は韓国に帰っても直ぐ見つけられると思います。他にも、石岳展望台で見る九十九島の風景が一番好きだったことや、佐世保公園に向かって佐世保川沿いを歩く散歩コース、遊びに来た友人の皆が好きだった近所の佐世保バーガーの店など、佐世保を離れた後に恋しく感じるだろうなと思うものがたくさんあります。そして、いつもの散歩コースで偶然見たシーサイド・フェスティバル2020の花火は、コロナブルーを癒してもらいました。今まで見てきた花火の中で一番記憶に残る花火だと思います。

「人と人の交流を続けること」の大切さを学んだ佐世保に、「楽しい」「おいしい」「美しい」佐世保に、またいつでも帰ってこられる日が早く来ますように、心から願っています。4年間、本当にありがとうございました。トマンナヨ!(またお会いしましょう)

お問い合わせ

企画部文化国際課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-37-6134 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?