ここから本文です。

更新日:2021年3月9日

未熟児養育医療

入院療育を必要とする未熟児を対象に、指定医療機関において、医療費の公費負担を行い、保護者の負担軽減を図ります。

対象者

佐世保市内に住所を有し、身体の発育が未熟のまま出生した乳児であって、出生時に以下の(1)、(2)のいずれかの症状を有し、指定医療機関の医師が入院治療を必要と認めたもの。期間については、出生から1歳の誕生日の前々日までとする。

(1)出生時体重が2,000g以下のもの

(2)活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示すもの

ア.一般状態

  • A.運動不安・痙攣
  • B.運動が異常に少ない

イ.体温摂氏34度以下

ウ.呼吸器、循環器

  • A.強度のチアノーゼ持続
  • B.チアノーゼ発作を繰り返す
  • C.呼吸数が毎分50以上で増加傾向
  • D.呼吸数が毎分30以下
  • E.出血傾向が強い

エ.消化器

  • A.生後24時間以上排便がない
  • B.生後48時間以上嘔吐が持続
  • C.血性吐物がある
  • D.血性便がある

オ.黄疸

  • A.生後数時間以内に発生
  • B.異常に強い

助成内容

被保険者が負担する医療費等の2割部分に助成を行います。所得に応じて、保護者の一部負担がありますが、最終的には乳幼児福祉医療を併用することで、入院中にかかる保険適用経費の自己負担が1医療機関あたり1,600円/月となります(乳幼児福祉医療だけの場合と異なり、食事(ミルク)代も助成の対象となります)。

保険適用外の入院にかかる費用(おむつ代、衣類代、差額ベッド代)については、対象外となります。

申請について

出生後、原則として2週間以内に子ども保健課窓口に申請してください。

申請からその後流れについては、

未熟児養育医療給付制度のご案内(PDF:131KB)

をご確認ください。

必要な書類等

(5)の該当乳児分について申請時に提出ができない場合は、後日提出していただいて結構です。

(注)市町村民税所得割額が確認できない場合、課税証明書等の提出をお願いする場合があります。

〈治療期間が延びる場合〉

「養育医療継続申請書(様式第5号)」(PDF:65KB)と継続する旨の内容が記載された「未熟児養育医療意見書(様式第3号)」(PDF:105KB)を添付してご提出ください。

〈氏名や住所、健康保険証に変更があった場合〉

「養育医療券記載事項変更届(様式第5号の2)」(PDF:86KB)をご提出ください。

市内転居の場合は必要ありません。

健康保険証の変更の場合、新しい保険証をご持参ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来部子ども保健課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9673

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?