ここから本文です。

更新日:2017年10月20日

保育所等の利用手続について

「子ども・子育て支援新制度」とは

幼児期の学校教育や保育、子育て支援を一体的に行うため「子ども・子育て支援新制度」が国によって創設され、佐世保市も平成27年4月から新制度に移行しました。これに伴い、幼稚園や保育所などの利用手続きや利用者負担額(保育料)が変わりました。

制度の概要

保育所や幼稚園を利用する場合に、事前に「支給認定」を受ける必要があります。

(ただし、一部の私立幼稚園は、支給認定を受けずに利用することが可能です。)

「支給認定」とは、以下の区分に分けられており、年齢や利用を希望する施設(サービス)によって受ける認定区分が異なります。

【支給認定の認定区分】

認定 対象年齢 内容 利用できる施設
1号認定 満3歳以上 幼稚園などで「教育」を希望する場合 幼稚園、認定こども園
2号認定 満3歳以上 保育所などで「保育」を必要とする場合 保育所、認定こども園
3号認定 満3歳未満 保育所などで「保育」を必要とする場合

保育所、認定こども園(注)、

家庭的保育事業所等

  • (注)認定こども園のうち、満3歳未満の児童を受け入れている認定こども園のみ利用可能。
  • 2号、3号認定を受ける場合には、「保育を必要とする理由(PDF:112KB)」が必要になります。
  • また、利用者負担額(保育料)は、認定号数によって異なっており、世帯の市民税額によって決定します。

施設の利用手続き方法について

(1)認可保育所を利用する場合

  1. まずは、施設に直接連絡を行い、施設の見学を必ず行ってください。
  2. 必要書類(PDF:113KB)をそろえ、市役所(子ども支援課)にて支給認定(2号、3号認定)の手続きと施設の利用申し込みを行ってください。
  3. 市役所にて審査を行った後、市役所から支給認定証を交付します。
  4. 市役所にて利用調整を行った後、施設利用審査の結果をご連絡します。
  5. 施設の利用が決定した場合は、入所に必要な準備物の確認のため、施設に連絡をしてください。
  6. 施設の利用が決定しなかった場合は、空き待ちをするか、辞退するかを選択し、市役所へご連絡ください。
  7. 妊娠中から保育所等の利用申し込みができます。ただし、優先入所をお約束するものではありません。詳しくは子ども支援課にお尋ねください。

原則として、利用を希望する月の前々月末までに、必要書類(PDF:113KB)を提出してください。ただし、突然の転勤や就労等の決定により、前々月末までの提出が不可能な場合は、随時提出してください。

(2)認定こども園や幼稚園を利用する場合

  1. まずは、施設に直接連絡を行い、施設の見学を必ず行ってください。
  2. 必要書類(PDF:113KB)をそろえ、各施設を通して支給認定(1号、2号、3号認定)の手続きを行ってください。申請に必要な書類は、施設を通して配布いたします。
  3. 市役所にて審査を行った後、市役所から支給認定証を交付します。(認定こども園の2号、3号認定については、市役所にて利用調整を行った後、施設利用審査の結果をご連絡します。)
  4. 支給認定証が届きましたら、各希望施設にて利用申し込み(入園手続)を行ってください。
  5. 妊娠中から保育所等の利用申し込みができます。ただし、優先入所をお約束するものではありません。詳しくは子ども支援課にお尋ねください。

原則として、利用を希望する月の前々月末までに、必要書類(PDF:113KB)を提出してください。ただし、転勤や就労等の決定により、前々月末までの提出が不可能な場合は、随時提出してください。

(3)支給認定不要の幼稚園や認可外保育施設を利用する場合

施設に直接連絡を行い、入園の手続きを行ってください。(支給認定の手続きは不要です)

(4)佐世保市へ転入予定の場合

佐世保市子ども支援課までお問い合わせください。

0956-24-1111(内線5431~5433)

保育所や認定こども園等の利用手続きに必要なもの

詳しくは、「乳幼児施設の利用のしおり」(PDF:1,702KB)をご覧ください。

特に、2、3号認定の利用申込をされる方は、しおりを必ずご覧になってから手続きしてください。

【1号認定】

  • 施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(兼育所等利用申込書)
  • 平成29年1月1日時点の住所地が佐世保市外の方は、父・母それぞれの平成29年度住民税課税証明書(所得額・所得控除額・住民税額がわかるもの)が必要です。平成29年1月1日時点の住所地の市区町村役場で取得してください。
  • 平成29年1月1日時点の住所地が佐世保市内の方で、申告をされていない方は早めの申告をお願いいたします。
  • 国外で収入がある方は、平成28年1月~12月のすべての収入額が分かる書類を提出してもらうことがあります。(例:W2form2016など)

【2、3号認定】

  • 施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(兼育所等利用申込書)
  • 「保育を必要とする理由」を証明する書類
  • 平成29年1月1日時点の住所地が佐世保市外の方は、父・母それぞれの平成29年度住民税課税証明書(所得額・所得控除額・住民税額がわかるもの)が必要です。平成29年1月1日時点の住所地の市区町村役場で取得してください。
  • 平成29年1月1日時点の住所地が佐世保市内の方で、申告をされていない方は早めの申告をお願いいたします。
  • 国外で収入がある方は、平成28年1月~12月のすべての収入額が分かる書類を提出してもらうことがあります。(例:W2form2016など)

 

  • 「保育を必要とする理由」を証明する書類は、利用申込の理由が勤務であれば職場からの証明、疾病であれば医療機関からの証明が必要となり、それぞれの理由に応じて、第三者からの証明が必要となります。

マイナンバー制度の導入に伴う手続きについて

平成28年1月からマイナンバー制度が始まりました。制度開始に伴い、施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(兼保育所等利用申込書)、「支給認定変更申請書」、「支給認定証再交付申請書」の提出の際に「個人番号(マイナンバー)」の記入が必要になります。

提出時に持参するもの

個人番号カードがある場合

  1. 個人番号カード

個人番号カードがない場合

  1. 通知カードあるいは住民票(個人番号付)などの番号が確認できるもの
  2. 運転免許証などの写真付身分証明書、あるいは下記のa、b等の本人確認ができるもの
  • 健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、官公署発行の書類等(氏名、生年月日または住所の記載あり)の2つ以上
  • その他本人と確認できるもの

利用者負担金(保育料)

保育料については、「佐世保市利用者負担金(保育料)」(PDF:465KB)をご覧ください。

書類の配付・受付場所

  • 佐世保市役所子ども支援課窓口(中央保健福祉センター4階)
  • 宇久行政センター
  • 佐世保市内の各利用希望施設

支所では、書類の配付・受付は行っておりませんので、ご注意ください。

就労証明書等様式(書類名をクリックすると、ダウンロードが可能です)

申込に必要な書類

「施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書(兼育所等利用申込書)」はダウンロードできません。市役所、宇久行政センター、佐世保市内各利用施設で配付しています。

その他の書類

就労証明書等の記入例

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来部子ども支援課

電話番号 0956-24-1111(内線5431から5433)

ファックス番号 0956-25-9673

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?