ホーム > まちづくり・環境 > 港湾 > クルーズ客船入港情報

ここから本文です。

更新日:2020年10月23日

クルーズ客船入港情報

佐世保港に入港予定のクルーズ船などの情報をお知らせします。

新着情報

10月26日(月曜日)日本船籍のクルーズ客船『にっぽん丸』が寄港します

にっぽん丸
『にっぽん丸』(平成24年3月27日寄港時)

この度、日本船社による日本国内クルーズの運航が再開されることとなり、コロナ禍での休止後、国内初となるクルーズ客船が、愛媛県新居浜港を10月25日(日曜日)に出港し、翌日、佐世保港に寄港します。

【入港船舶】にっぽん丸(船籍:日本、総トン数:22,472トン)

【入港日時】令和2年10月26日(月曜日)8時00分予定

【出港日時】令和2年10月26日(月曜日)18時00分予定
17時30分頃からお見送りイベントを実施する予定です。

【着岸場所】新みなと岸壁(JR佐世保駅みなと口を出て正面)

【乗船客数】約200名(日本人のみ)注)本来の定員数は530名

今回の寄港に際し、『にっぽん丸』の運航会社である商船三井客船(株)において、国等によるガイドラインに加え、本市が示す寄港に係る運用方針を遵守のうえ、万全の安全対策を講じて運航が行われます。

<感染防止のための安全対策等について>
・乗客定員を従来の半分程度とし、密集・密接が想定される船内施設は座席数を削減
・乗客、乗組員に対する事前のPCR検査の実施
・乗客に対する乗船14日前からの体温を含む健康状態等の確認
・乗組員における毎日2回の体温測定の実施、日々の健康状態の確認
・船内複数個所にサーモグラフィーを設置し、発熱者の発見、日々の検温を記録・管理
・乗船時および下船時の体温検査の徹底(乗下船の可否を判断)
・船内にウイルス検査機器(抗原検査キット)を常備、必要時には船医による検査を実施
・有症者が確認された時点で、船内イベント及び船内施設の使用を休止し、本人と濃厚接触者は
離(それ以外の乗客は自室待機)
・感染者が確認された時点で、クルーズを中止
・感染者への対応後、クルーズ客船は速やかに出発港へ

『にっぽん丸』における感染予防対策に係る取り組みについては、ホームページをご覧ください。

 

【参考】各ガイドラインについて

一般社団法人日本外航客船協会:http://www.jopa.or.jp/
「外航クルーズ船事業者の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」

公益社団法人日本港湾協会:https://www.phaj.or.jp/guideline/index.html
「クルーズ船が寄港する旅客ターミナル等における感染拡大予防ガイドライン」

 

<歓送迎をご予定の皆さまへのお願い>(注)令和2年10月23日情報更新
出港時のお見送りの際の駐車場として、下記の場所を17時00分から18時30分までの間、開放いたします。交通誘導員を配置しておりますので、お見送りであることをお伝えいただき、交通誘導員の指示に従って駐車してください。(駐車台数に限りがありますので、満車の際は近隣の有料駐車場のご利用をお願いいたします。)
なお、お出迎えの際など、上記以外の時間(出港前7時00分から17時00分)は、ツアーバス並びにタクシー専用の駐車、待機スペースとして使用するため駐車できませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

駐車場

【過去の寄港実績】

【お知らせ】

「ながさき旅ネット」クルーズ入港情報にて、クルーズ入港をお知らせしていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、クルーズ入港のキャンセルが相次いでいる現状を踏まえ、今後の入港の目途が立たないことから、当分の間、入港予定の掲載を見合わせています。

皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、今後の掲載につきましては、状況を見て再開する予定です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

港湾部みなと振興・管理課

電話番号 0956-22-6127

ファックス番号 0956-22-6149

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?