佐世保市博物館島瀬美術センター > 企画展 > 企画展情報 > 【島瀬美術センター】おうちミュージアム、「バイクのある風景写真展」

ここから本文です。

更新日:2020年5月6日

【島瀬美術センター】おうちミュージアム、「バイクのある風景写真展」

ouchimuseum_logo

横田美亜子

ほんとはワイルドなバイクが好きなんですが、現在はヤマハのセロー250で落ち着いています。もともと運転は下手なのです。オフ車ですが、山の中で靭帯を痛めてからはほとんど林道に入らなくなりました。アスファルトは楽ちん♪バイクに乗るのも楽しいですが、バイク写真を撮るのも私の楽しみの一つです。

《桜の季節》

場所:円応寺(武雄)撮影日:2019年4月5日

夕方からのお花見ツーリングで立ち寄りました。一緒に走った友人のバイクを撮りました。桜並木が綺麗なところです。石の門に風情を感じ、地面には花びらがいっぱいで素敵でした。ピンクが綺麗だったのですが、あえて色を抜いて雰囲気を出してみました。

ako

加藤正和

18歳で中免取得し、KAWASAKIZZR400に乗っていましたが、20歳で大型を取得し、Z750FX2にステップアップしました。24歳でバイクを降りたのですが、7年ほど前に某美術館の館長のススメで20年ぶりにバイクに乗ることに…。現在はHONDAレブル500を購入し、休日にカメラ片手にツーリング!たまにドローンを積んだりして、いい風景があれば、立ち止まり撮影をしています。

《野生馬と鉄馬》

場所:都井岬(宮崎)撮影日:2020年2月24日

野生の馬はバイクに興味津々なのか、無関心なのか…。近くに寄っても、我が道を行き、牧草をぼりぼりとむさぼっている。ひたすら牧草を食べる。あの巨体なら燃費が悪くてもしようがないようね。そんな彼らに近づきパチリ!

katou

 

川上雄志

全国のバイク乗りからは「ぜふ」と呼ばれることが多いです。バイクを通じて佐世保の魅力を全国に発信しています。ZEPHYR1100RSに乗っています。

《西風薫る九十九島》

場所:カレーハウス西風(佐世保市船越町)撮影日:2020年2月24日

日本一の九十九島と西風。ZEPHYRとはギリシャ神話に登場する西風神の英語名。そこで英語で「西風」の意。強風ではなく「そよ風、優しい風」を表します。佐世保が誇る九十九島の魅力を西風に乗せて全国へ。

kawakami

 

眞弓覚志

 

30代になってバイクリターン。仲間とのツーリングは大型バイクで、景色と時間を楽しむ時は原付バイクでTPOに合わせてバイクライフを楽しんでいます。

《朝駆け》

場所:サンセットロード(生月)撮影日:2020月2月24日

撮影当日にカメラ撮影で参加したショートツーリング。バイク撮影も楽しくはあったが、なぜバイクに乗ってないのかと後悔も。翌朝、カメラと三脚を持って生月へ。不完全燃焼気分だったのをしっかり燃焼させて帰宅。バイクはやっぱり基本、乗るものです!と実感。

mayumi

 

眞弓富美代

40代で念願のバイク免許取得。出会ったレディースバイクのメンバーに支えられ、数年で走行距離が数万キロ突破。楽しいバイクライフを送っています。佐世保に引っ越してきて違う倶楽部に鍛えられ、島根まで走れたことは大きな自信につながりました。

《紅葉とコラボ》

場所:大村撮影日:2019年11月17日

シングルバーナーとクッカー積んで走る。袋ラーメンがとても美味しく感じる。食後のコーヒーは豆から挽いて。会話も弾み、気持ちが豊かになるひととき。そんな紅葉ツーリングのひとコマ。

tomiyo

 

出口優

《タンクに紅葉》

場所:西福寺(佐世保市)撮影日:2019年11月23日

西福寺の紅葉を撮影してる間にタンクに落ちてた紅葉。思わずシャッターを切ってました(笑)

yuu

 

中島大幸

趣味のバイクを活かして佐世保に奉仕!バイクで出会った佐世保の素敵な風景を佐世保市観光課のSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム)に投稿して情報発信しています♪

中島氏は4月1日付けで水道局に異動しました…。

《立神赤煉瓦》

場所:立神(佐世保)撮影日:2018年1月30日nakasima

 

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?