ブログ > ブログ「しまび日記」 > 【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~競輪選手をモデルにしたクロッキー会を行ないました~

ここから本文です。

更新日:2018年5月6日

【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~競輪選手をモデルにしたクロッキー会を行ないました~

みなさま、こんにちは。雨のゴールデンウィーク最終日となりました。こんな日は、雨でも楽しめる美術館へ!ということで、たくさんのお客様がご来館されました。嬉しい限りです。

で…、連日開催している「銀輪にかけるアスリートの世界展~写真家倉壮志朗が追うドラマ~」関連イベント。ラストは、日本初、競輪選手をモデルにした“クロッキー会”です。モデルは、山﨑賢人選手と山口龍也選手。S級2班の山﨑選手は今、全国的にも注目を浴びているイケメン選手で、最近アフロヘアーにして一段と個性を発揮しています。同期生の山口選手も甘いマスクのイケメンですが、胸囲97.5cmの見事な筋肉美の持ち主。お二人とも日本競輪選手会長崎支部の阪本正和支部長が選りすぐったモデルさんです。

鍛えられた肉体を描けるとあって、画家、デッサン教室や子ども絵画教室の先生と生徒、漫画家、競輪ファン、カメラマンなどプロアマのお客様が集まりました。“モデルさん”は、いろいろリクエストされながら、ポーズをしました。「10分クロッキー、5分休憩」を4セット繰り返し、約1時間で4枚のクロッキーを描きます。1セットめは自転車を挟んで背中を向ける立ちポーズ、2セットめは山﨑選手に上半身脱いでいただき立ちポーズ、山口選手には競輪自転車にまたがってもらいましたが、10分間はしんどそうで途中、ふくらはぎがぷるぷるし始めましたが、忍耐で持ちこたえてくださいました。セットめは山口選手にも脱いでいただき、自転車を支える立ちポーズと座りポーズ。最後の4セットめは選手たちの希望で、何と、自転車を掲げるポーズ。これは、競輪学校時代にしごかれた時にさせられていたそうで、自転車を持ち上げるや参加者からは歓声があがっていました。日本初、競輪選手をモデルにしたクロッキー会。ギリシャ神話の彫刻のようなモデルさんを前に、みなさまには「とてもよかった!」「男性モデルを描けるなんて珍しかった!」「筋肉隆々の肉体を描く勉強になった!」「絵画を勉強している人のためにまた企画したほしい!」とご満足いただけた様子でした。選手たちも「初めてで恥ずかしくもあったけど、いい体験ができた」と感想をいただきました。

終了後、みなさまから拍手喝さい!そして選手からさせぼ競輪のキャラクター凪海(なみ)ちゃんグッズであるトートバックのプレゼントがありました。さらに、33人の選手のおもしろミニポスターをお持ち帰りいただこうとステージに並べたところ、あっという間になくなりました。みなさま名残惜しく、予定にはなかったサイン会と記念写真撮影会が始まり、4月25日(水曜日)から開催した「銀輪にかけるアスリートの世界展~写真家中倉壮志朗が追うドラマ~」が幕を閉じました。

日本初、競輪をテーマにした展覧会。会期中、これまでしまびに来館されたことのないお客様がたくさんいらっしゃいました。これを機会に、他の展覧会でもまた来館していただきたいと思いますし、逆に、競輪に興味がなかった方々にもさせぼ競輪など競輪場に足を運んでいただき、競輪選手の頑張る姿を見て、応援していただければと思います。ご来場いただいたお客様、そして中倉壮志朗さん、日本競輪選手会、させぼ競輪のみなさまをはじめ、ご協力いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

さあ、今後もしまびは新ネタを次々と発信していきます!5月は、初企画「知られざるかんころ餅の世界展」(平成30年5月14日~5月21日)、6月は、世界文化遺産に登録する勧告がイコモス(国際記念物遺産会議)から発表されたことを狙って企画された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産絵画展」(平成30年6月14日~6月24日)などなど、文化企画満載です。これからも、しまびにご注目ください。

 

0564400241045024

画像をたくさん載せられませんでした。他の画像は佐世保市博物館島瀬美術センター公式フェイスブックをご覧ください。

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?