ブログ > ブログ「しまび日記」 > 【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~初来日アルバカーキ市からのQTANGOミュージアム・コンサートを開催しました~

ここから本文です。

更新日:2019年7月28日

【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~初来日アルバカーキ市からのQTANGOミュージアム・コンサートを開催しました~

みなさま、こんにちは。今日は、佐世保市の姉妹都市であるアルバカーキ市を拠点として活動しているタンゴ・オーケストラ「QTANGO」のミュージアム・コンサートを開催しました。「QTANGO」は、タンゴの演奏や指導などの活動をする団体。会員数は50人以上、世界最大数の生演奏タンゴフェスティバルの主催者でもあります。今回はご縁があり、初来日、初しまびでした!

14時からの開演でしたが、13時過ぎにはお客様が入り始め、1階はみるみる満席となりました。中2階にもお客様が集まり、会場はたくさんのお客様で埋めつくされました。

開始15分前、今回の立役者である「バンドネオン知っとう隊」のメンバーが福岡から駆けつけ、「QTANGO」や第一回チェ・バンドネオン世界大会優勝者の川波幸恵さんについて説明、そして佐世保市役所企画部の部長、中島勝利が朝長市長のメッセージを代読でご紹介、開演となりました。

最初の曲は、「ねこがかわいいだけ展」開催中ということで、“黒猫のタンゴ”!何と、メンバーは曲をご存じなかったそうで、本コンサートが決まってから音合わせしたとのことです(^_^;)
そして、川波さんのおしゃべりをはさみながら、リーダーErskineMaytorenaさんのバンドネオンと歌、川波さん、コンサートマスターのOlgaTikhovidovaさん(バイオリン)、NataliaTikhovidovaさん(ピアノ)の本格的なタンゴで盛り上がりました。

バンドネオンのソロは、心にしみわたる音色でお客様の視線を浴びていました。バンドネオンはアコーディオンに比べて日本ではまだまで馴染みのない楽器かも知れませんが、アルゼンチンタンゴには欠かせない楽器です。今日のミュージアム・コンサートでバンドネオンについて知っていただく機会となったことでしょう。また、音楽を通して、アルバカーキ市と佐世保市の国際文化交流を行なうことができました。

アンコールもあり、大盛り上がりのあとは、じゃんけん大会。勝ったお客様に「ねこがかわいいだけ展」の招待券をさしあげました。しまびの展覧会もぜひお楽しみくださいね!

暑い中、ご来館いただいたお客様、QTANGOのみなさま、川波幸恵さん、「バンドネオン知っとる隊」、「佐世保・アルバカーキ姉妹都市協会」、そして関わったすべてのみなさまに感謝いたします。ありがとうございました。

次のミュージアム・コンサートは、8月12日(月祝)14時から「ピアノとサクソフォンでお届けするデュオ・コンサート~くつろぐ猫と愛のうた~」です。演奏者は、陣内愛美さん(サクソフォン)と小浦優子さん(ピアノ)です。こちらもぜひお楽しみください。観覧無料です。

abcdef

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?