ここから本文です。

更新日:2017年10月26日

加治亜委子

作家:加治委子かじいこ

略歴

1944年(昭和19年)

佐世保市早岐に生まれる。
銀行員の父親について、佐賀、北九州、熊本、福岡と転居する。

1962年(昭和37年)

聖和女子学院を卒業する。
心臓が悪かったため、特に師事した画家はいなかったが独力で絵画を学び、24歳になった1968年(昭和43年)には第1回個展を開いた。
以後、福岡・東京・パリで個展を開催し、特異な画才を認められるに至った。

1987年(昭和62年)

作品:春のうた

作品:春のうた

作品名

春のうた

作者

加治亜委子

作成年

1977

画数

 

号数

40号

寸法

額:縦145cm×横112cm:縦106cm×横75cm

由来

作者は、心臓障害を持ちながら福岡で創作活動を行っていたが昭和62年42歳で亡くなられた。佐世保が誕生の地であることから母親の加治敬江氏が遺作展開催を記念して寄贈されたもの。

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?