佐世保市博物館島瀬美術センター > 企画展 > 過去の企画展 > 長崎県美術館名品展「移動美術館IN佐世保市」開催のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

長崎県美術館名品展「移動美術館IN世保市」開催のお知らせ

市民のみなさまの「長崎県美術館の作品を観たい!」とのご要望にお応えして、このたび、佐世保市博物館島瀬美術センターでは、長崎県美術館の所蔵品による長崎県美術館名品展「移動美術館IN世保市」を開催する運びとなりました。

今回の「移動美術館」では、ピカソ、ダリ、ミロをはじめ、アントニオ・ロペス、アントニ・タピエスなどスペインを代表する巨匠たちの作品32点を展示いたします。

関連事業として、長崎県美術館学芸員によるギャラリートーク、「子ども向けおしゃべり鑑賞会」とスペイン美術の技法「マンチャでらくがき」といったワークショップで作品の魅力と伝える機会を設けています。

本展が、市民はじめ多くのみなさまにとって、著名な作家の作品を鑑賞する貴重な機会になるものと期待しております。

idoubijyutukann

展覧会概要

会期

平成27年10月14日(水曜日)~10月25日(日曜日)

休館日は10月20日(火曜日)です。

開館時間

10時~18時(入館は17時30分まで)

会場

佐世保市博物館島瀬美術センター(3階展示室)

観覧料

無料

関連事業

オープニングセレモニー

展覧会初日にオープニングセレモニーをいたします。どなたでもご覧いただけます。

10月14日(水曜日)9時45分~(1階ロビー)

長崎県美術館学芸員によるギャラリートーク

長崎県美術館の学芸員がわかりやすく作品について解説します。どなたでもご参加いただけます。

10月17日(土曜日)14時00分~(3階展示室)

子ども向けおしゃべり鑑賞会/ワークショップ「マンチャでらくがき」

美術館スタッフと一緒におしゃべりしながら作品鑑賞します。鑑賞後はワークショップの時間。木炭や指、手の平、布などを使ってスペインの伝統技法にチャレンジしましょう。

マンチャとは…スペインの伝統的な絵画技法。スペイン語で「汚れ」という意味。鉛筆や木炭で描いた画面を指や布、皮などでこすって作品の表現を高める技法のことです。

manncyamanncya2

日時:10月18日(日曜日)13時~15時(受付開始時刻12時45分~)

会場:鑑賞3階展示室/ワークショップ中央公民館

定員:15名

対象:5歳~小学生(保護者同伴)

参加費:無料

備考:動きやすく、汚れてもよい服装でご参加ください。タオルを持参ください。

事前申込必要(申込締切:10月7日

〔申込方法〕

「1.参加者氏名2.年齢3.郵便番号4.住所5.電話番号6.保護者氏名」を明記の上、ハガキ、FAX、またはE-mailにてお申込みください。

ハガキ[宛先]〒857-0806世保市島瀬町6番22号佐世保市博物館島瀬美術センター「子どもプログラム」係

FAX:0956-22-7226

Email:simano@city.sasebo.lg.jp

応募多数の場合は抽選となります。結果は当選者にのみ、開催日の1週間前までに通知ハガキを発送します。

木のプール

10月14日(水曜日)~10月25日(日曜日)10時~18時(3階エレベーターホール)

休館日は10月20日(火曜日)です。

ショップ

長崎県美術館のオリジナルグッズやポストカードを販売いたします。

場所|ノマド・コーヒー(1階)

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?