佐世保市博物館島瀬美術センター > 企画展 > 企画展情報 > 【島瀬美術センター】佐世保初、熊本県錦町とのコラボ展「侍う―SABURAU―展」4月25日開幕。

ここから本文です。

更新日:2020年3月16日

【島瀬美術センター】佐世保初、熊本県錦町とのコラボ展「侍う―SABURAU―展」4月25日開幕。

佐世保市博物館島瀬美術センターでは、来月4月25日(土曜日)から、“侍”をテーマとした「侍う―SABURAU―展~日本の伝統文化とサブカルチャーのコラボ~」を開催する運びとなりました。佐世保初の熊本県錦町とのコラボ展です。

poster4

「侍う―SABURAU―」とは、“侍”の語源です。“従う”という意味があります。本展では、貴族や主君に従った「侍」を昔の作品と今の作品とでご紹介していきます。


展覧会では、昔の作品として、日本刀、木刀、拵などの刀剣類、今の作品として、ドリフターズ、武装少女マキャヴェリズム、無尽といった漫画の原画資料などを出品します。

さらに、佐世保市博物館島瀬美術センターに収蔵されているものの、なかなか展示する機会がない刀剣類も本展にあわせて出展し、佐世保市民をはじめ、多くのみなさまにご覧いただき、当館に刀剣類が収蔵されていることをお知らせしていきます。

本展をご覧になることで、日本の伝統文化の一端を知っていただき、興味をもっていただければ幸いです。


また、海軍さんのまち佐世保の地において、山の中の海軍といわれる“人吉海軍航空基地”の秘密を公開します。わずか1年9か月しか稼働しなかった航空基地。その地下に作られた25,000平方メートルにおよぶ地下施設は何のために建設されたのかをご紹介します。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催延期や中止となる場合があります。ご理解のほどよろしくお願いします。

展覧会名

侍う―SABURAU―展

~日本の伝統文化とサブカルチャーのコラボ~

会期

令和2年4月25日(土曜日)~5月6日(水曜日・祝日)

開館時間

10時~18時(入館は17時30分まで)

休館日なし

会場

佐世保市博物館島瀬美術センター(佐世保市島瀬町6-22)3、2階展示室

観覧料

無料

出品作品(約350点)

DRIFTERS(ドリフターズ)

平野耕太による漫画。少年画報社の月刊『ヤングキングアワーズ』に2009年から連載中。古今東西の英雄が中世風の異世界に召喚されるアクション系歴史ファンタジー。

DRIFTERS

原画、複製画

直筆サイン入り和紙

直筆イラスト和額

©平野耕太・少年画報社

 

 

 

武装少女マキャヴェリズム

黒神遊夜原作、神崎かるな作画による漫画。月刊『少年エース』にて2014年から連載中。武装した女子が男子を支配した学園で繰り広げられるバトルアクション。武装少女マキャヴェリズム

複製画

天下五剣屏風

直筆イラスト掛軸

©黒神遊夜・神崎かるな・KADOKAWA

MUJIN-無尽-

岡田屋鉄蔵による漫画。『ヤングキングアワーズ』にて2014年から連載中。幕末の剣士・伊庭八郎を主人公とする歴史漫画。

複製画

特大掛軸

直筆サイン入り和紙

バカボンド

井上雄彦による剣豪・宮本武蔵を主人公とした漫画。週刊モーニング(講談社)に連載。韓国や香港などアジアはもとより、欧米などでも発行され、世界中に根強いファンをもっている。

井上雄彦直筆イラスト和紙

雪駄

筆と墨が持つ繊細さと力強さを追求、漢字をアートに昇華し文字とオリジナルデザインの落款を組み合わせた作品を制作。平野耕太氏原作のアニメーション作品『ドリフターズ』本編中の筆字デザイン、エンディング他のプロモーションイラストを担当。

雪駄

掛軸

巻物

刀剣類

肥後復興拵

侍う×東山堂コラボ居合刀

星道純日本製流派木刀(古流木刀)

龍泉館収蔵品

江戸初期の刺客である丸目蔵人(まるめくらんど)が興した剣術の流派“兵法タイ捨流”の指導と演武を当代宗家より許可されている龍泉館より貴重な資料を公開。兵法タイ捨流は、平成29年5月、日本遺産吉球磨「相良700年が生んだ保守と進取の文化」構成文化財の一つとして認定を受けています。

起請文

西の天下一印

蜻蛉羽織

鉈刀

タイ捨木剣

佐世保市博物館島瀬美術センター収蔵品

刀剣数点

鎧数点

火縄銃

佐世保市、錦町海軍関係資料

人吉海軍航空基地の歴史(パネル展示)

93式中間練習機タイヤ展示ほか

林田聡作品

写真作品

濵田喜幸作品

写真作品

主催など

主催:侍う実行委員会、佐世保市、熊本県球磨郡錦町、錦町立人吉海軍航空基地資料館

後援:佐世保市教育委員会、錦町教育委員会、熊本県古武道会、国宝青井阿蘇神社、全日本刀匠会九州地方支部

協力:少年画報社ヤングキング編集部、KADOKAWA、株式会社東山堂、株式会社参芯、しまづくめ、株式会社星道、木村日本美術刀剣赤松太郎鍛錬所、LLP武士工芸、粟村打抜金網株式会社、BlueCorn、Slapstick-Photo、元祖忍者村肥前夢街道、株式会社エンジンズ、株式会社レイヤー、淳風デザイン、兵法タイ捨流龍泉館

イベント

5月3日(日曜日)14時~、4日(月曜日)11時~

1.筆字作家駄による実演

2.熊本の刀匠松太郎兼光による銘切実演

3.兵法タイ捨流演武

新型コロナ感染症拡大防止のため、イベントが中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?