ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

三島山古墳・経塚

三島山古墳・経みしまやまこふん・きょうづか

三島山古墳は早岐瀬戸に面した三島という小高い丘にあります。三島山中腹に直径約6mの盛土を持った古墳と箱式石棺10基から成り立っています。また、5世紀頃の古墳時代を代表する土器である須恵器、土師器も出土しています。

三島には古墳だけでなく、平安時代の遺跡もあることが発見されました。北側の崖で銅鏡が入った経筒(経塚)が発見され、明治26年に建てられた三島神社の祠の後に祀られました。他にも宋時代の胡州鏡や景徳鎮産の青白磁、合子、小壺などが発見されています。

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?