ブログ > ブログ「しまび日記」 > 【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~「ねこがかわいいだけ展」開会式を行ないました。

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

【島瀬美術センター】ブログ「しまび日記」~「ねこがかわいいだけ展」開会式を行ないました。

みなさま、こんにちは。今日は、明日から始まる「ねこがかわいいだけ展」の開会式を行ないました。会場には98人の来賓、招待のお客様であふれました。ご来賓は、佐世保市議会から崎山議長、佐世保美術振興会の久池井会長、四ヶ町商店街協同組合の川尻理事長、長崎バイオパークの大宅園長、ご協賛いただいたランドアークの山口社長です。お忙しいなか駆けつけてくださいました。また、今回、ご招待をさせていただいたお客様は、これまで当館で展覧会をしてくださったアーティストのみなさま、ミュージアム・コンサートや料理教室などイベントをしてくださった方々、いわば佐世保の文化芸術を引っ張っておられる方たちです。写真展ということもあり、写真家のみなさまも多くご来場いただき、素敵な写真をたくさん撮ってくださいました。ありがとうございます。

開会式では、主催者からごあいさつをさせていただき、展覧会の中身についてや当館の取り組みについてお話をさせていただきました。来賓の大宅園長からは、長崎バイオパークにも21種類のねこがいるお話と長崎県のねこの殺処分が全国ワースト1という問題にも触れていただきました。

テープカットのあとは、内覧会。みなさま、熱心に作品をご覧いただき、思い思いの感想を言いあう賑やかな楽しい内覧会でした。今回は、全国約5,300枚の中から選ばれた約1,000枚にみごと当選された写真家の方々もご出席されていました。壁いっぱいに飾られた写真のなかからご自身の写真を見つけた時には歓声が聞こえていました。

また、写真スポットでは、お子様連れのお客様はじめ、大人の方も楽しまれていました。

「ねこがかわいいだけ展」は明日7月24日から9月1日までの開催です。梅雨が明ければいよいよ夏到来です。夏休みの思い出に、ぜひ島瀬美術センターへ足をお運びください。

[写真:池上京平さん、山口裕子さん]

3344

5566

7788

[写真左下]フラワーアーティスト中村幸寛さんと。[写真右下]パステルアート画家の山口裕子さん。

「ねこがかわいいだけ展」概要

ニャイ容

本展では『ぶさにゃん』『残念すぎる猫』で猫の新しい魅力を引き出した沖昌之(おきまさゆき)、『のら猫拳』シリーズで猫のコミカルな面にスポットを当てた久方広之(ひさかたひろゆき)、『世界で一番美しい猫の図鑑』で艶やかで憂いのある猫の表情を引き出したアストリッド・ハリソン、キタンクラブのカプセルトイ『かわいいかわいいねこのかぶりもの』の撮影を手がける石原さくら、雑誌『ねこのきもち』『いぬのきもち』などの撮影を行なっているケニア・ドイの写真を115点、一挙に展示しています。

さらに一般応募で約5,300枚から厳選された約1,000枚の写真も展示。展示室はねこだらけとなっております。

グッズも多数、取り揃えております。一般応募の写真作品から作られた2,015種類のガチャガチャやプリクラコーナーもあります。

開催日時

令和元年7月24日(水曜日)~9月1日(日曜日)会期中、休館日なし

開館時間10時00分~18時00分(入館は17時30分まで)

観覧料

前売券600円(税込)終了しました。

当日券800円(税込)

(小学生以下入場無料)


 

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?