ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

辻利平

作家:辻へい

略歴

1900年(明治33)

長崎県松浦市星鹿村(現:星鹿町)に生まれる

1922年(大正11)

長崎師範学校本科第1部卒業後、教職につく

1925年(大正14)

東京美術学校図画師範科入学

1928年(昭和3)

東京美術学校図画師範科卒業。日本に後期印象派を紹介し、後に東光会会頭となった斎藤与里に師事する。

1933年(昭和8)

東光会第1回展でT氏奨励賞受賞、第14回帝展に入選

1940年(昭和15)

東光会会員となる

1966年(昭和41)

第9回日展で菊花賞受賞、夙川学院造形美術科主任教授となる

1969年(昭和44)

改組日展第1回展の審査員

1970年(昭和45)

日展会員となる

1973年(昭和48)

私立夙川学院短期大学名誉教授となる

1975年(昭和50)

松浦市名誉市民となる

1977年(昭和52)

東光会副理事長に就任

1978年(昭和53)

松浦市にアトリエを構え永住

1980年(昭和55)

長崎県美術協会名誉会員となる

1981年(昭和56)

長崎新聞文化賞受賞

1988年(昭和63)

作品:枇杷の花咲く頃

作品:枇杷の花咲く頃

作品名

枇杷の花咲く頃

作者

辻利平

作成年

1976

画数

人物(Figure)

号数

50号

寸法

額:縦101cm×横126.5cm:縦91cm×横116cm

由来

東光会展出品

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?