ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

葭ノ本窯跡

葭ノ本窯跡しのもとかまあと

葭ノ本窯跡出土品葭ノ本窯跡の調査

葭ノ本は三川内では最も古い岸岳系統の唐津焼を焼いた窯で、三川内焼陶祖の一人である巨関の子、今村三之丞が開いたとも伝えられています。唐津の波多三河守に保護されて、岸岳周辺に窯を築いていた陶工たちは、三河守が豊臣秀吉の勘気に触れ改易される、いわゆる「岸岳崩れ」で離散し、この地にも移り開窯したとされています。

昭和57年の発掘調査の結果、ほぼ同時代の3基の窯跡が確認され県指定史跡とされました。いずれも、焚き口の胴木間から教室は消失していましたが、3m四方の燃焼室が10教室あったと推定されています。また、陶器片などの捨て場である物原や工房、近くには陶工のお墓も確認されました。

三川内最古級の窯跡で、窯業の創始期を物語る重要な窯跡です。

お問い合わせ

企画部島瀬美術センター

電話番号 0956-22-7213

ファックス番号 0956-22-7226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?