ホーム > 市政情報 > ようこそ市長の部屋 > 市長のメッセージ > 衆議院小選挙区の区割り改定案の勧告について

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

衆議院小選挙区の区割り改定案の勧告について

本日、「緊急是正法に基づく区割りの改定案の作成方針」に基づく衆議院小選挙区の区割り改定案について、安倍首相に勧告がなされました。

 今回の区割り改定では、長崎県の第3区と第4区が区割り見直しの対象でしたが、前回区割りの見直しが行われた佐世保市については、変更をしない内容の勧告でした。

 前回の区割り変更から4年が経過し、政治的な関わりも始まった中で、私は佐世保市の選挙区割を何度も変えないでいただきたいとの意見を述べておりましたので、この点については事情を考慮していただけたものと評価したいと思います。

 しかし改定作業において、事前に一切の協議がなされず、対象地域に発言の機会が与えられなかった事は誠に遺憾と言わざるを得ません。

 2020年以降に導入されるアダムズ方式による現時点の試算では、長崎県の定数は3となり、佐世保市を始め長崎県の選挙区割りも再び見直しの対象になることが予想されます。

 1票の格差を是正することは国会の責務であり、その必要性は理解しますが、選挙権年齢の引き下げをはじめ、期日前投票の積極的な運用など国民が政治に参加しやすい環境整備を進める中で、一部地域の有権者の政治へ参加する権利を軽んじるような改正は改め、政治参加が実感できる安定した仕組みを検討いただきたいと思います。


 平成29年4月19日

世保市長

 

お問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?