ホーム > 市政情報 > ようこそ市長の部屋 > 市長のメッセージ > 新たな長崎県指定無形文化財の指定について

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

新たな長崎県指定無形文化財の指定について

 本日、長崎県の教育委員会において、佐世保市三川内地区で継承されております「三川内焼 染付技術(技術保持者:中里勝歳氏)」及び「木原刷毛目(技術保持者:横石嘉佶氏)」の2件2名が、新たな県指定無形文化財(工芸技術)に指定されました。

 「三川内焼 染付技術」は、繊細に描かれた呉須染付で三川内焼を代表する特徴の一つであり、松樹の下で遊ぶ唐子文様は代表的な図柄として知られております。中里勝歳氏は、三川内地区で継承されている染付技術の中で、唐子文様の高度な技術継承者であり、現在も伝統的な手描きの筆致によって伝統技術の習得・保存・継承に努めており、三川内焼の染付技術の技術保持者として長崎県指定無形文化財にふさわしいと評価されております。

 また、「木原刷毛目」も、三川内焼を代表する技術の一つです。刷毛目技術は、もともと陶器を白く見せるために用いられていた技術であり、それが装飾性をもった図柄として工夫されてきました。横石嘉佶(宗鷹)氏は、木原地区に伝わる先祖伝来の刷毛目の技術を受け継ぎ、さらに古典的な江戸期の刷毛目技術を観察し、刷毛の技を高度に昇華させて、さらに白鷺文様や鷺草文様を創始するなど創意工夫を凝らした作陶も行っており、木原刷毛目の技術保持者として、長崎県指定無形文化財にふさわしいと評価されております。

 三川内焼は、平成28年度に日本遺産「日本磁器のふるさと 肥前」の構成要素として認定されており、佐世保市を代表する伝統産業でもあります。しかし、今回の無形文化財は形のない無形の工芸技術であり、次世代に伝えていくことの難しさも孕んでおります。今回の県指定は未来へ伝えるべき貴重な文化遺産として保存・継承が図られることを大変喜ばしく思いますとともに、さらに三川内地区の発展と文化財を守り伝える一助となるものと考えております。

 「三川内焼 染付技術」及び「木原刷毛目」の価値を取り上げていただいた長崎県及び県文化財保護審議会委員の皆様、そしてこれまでの調査にご理解と多大なご協力を賜りました中里勝歳氏・横石嘉佶氏の両名をはじめ、関係各位及び地元の皆様に厚くお礼を申し上げます。

 本市としましては、両技術が長崎県の歴史を示す貴重な文化財として、そして佐世保市の宝として、後世に継承され、広く県民・市民の皆様にお示しできるように、尽力してまいりたいと思います。


 平成30年3月29日

世保市長

 

お問い合わせ

教育委員会教育総務部社会教育課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?