ホーム > 市政情報 > ようこそ市長の部屋 > 市長のメッセージ > 西九州自動車道の4車線化事業の事業着手について

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

西九州自動車道の4車線化事業の事業着手について

 本日、西日本高速道路株式会社から「西九州自動車道の佐々ICから佐世保大塔IC間の4車線化について、国土交通大臣から事業許可を受けた」との発表がなされました。

 これまで事業化にご尽力いただきました、金子参議院予算委員長をはじめとした関係国会議員、国土交通省、西日本高速道路株式会社、長崎県、佐世保市議会並びに地域の関係の皆様に厚くお礼を申し上げます。

 西九州自動車道につきましては、地域間交流の促進や経済の活性化を図る上で重要な社会基盤になることはもとより、観光振興や新たな企業の進出促進など、本市を含めた九州西北部地域の皆様が、その全線開通を長年望んできた道路であります。

 今回4車線化に着手する佐々ICから佐世保大塔IC間は、平成23年までに段階的に供用開始され、暫定的な2車線での供用でありましたが、2車線の交通容量を大幅に上回る交通量が見られることに加え、他の区間と比較して事故の発生割合が非常に高いなど、高速定時性、安全性の確保が課題となっております。

 このようなことから、早期の4車線化に向け、関係する皆様のお力添えをいただきながら、要望活動を実施するとともに、平成29年8月には「四車線化促進大会」を開催するなど、積極的に活動を続けていたところであり、今回の発表により、大きな一歩を踏み出したものと大変喜ばしく思います。

 今後も長崎県をはじめとした関係の皆様と連携を取りながら、地元自治体といたしましても、事業を実施される西日本高速道路株式会社に対し積極的な協力を行い、円滑な事業進捗が図られるよう努めてまいります。


 平成30年3月30日

世保市長

 

お問い合わせ

土木部土木政策・管理課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?