ホーム > 市政情報 > ようこそ市長の部屋 > 市長のメッセージ > 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録について

ここから本文です。

更新日:2018年6月30日

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録について

 本日、ユネスコ世界遺産委員会において、本市の黒島の集落を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、世界遺産に登録されることが決まりました。

 世界遺産登録への取り組みにつきましては、平成19年1月の世界遺産暫定一覧表への記載から本格的に始まり、すでに11年が経過しております。

 その間には推薦の取り下げや構成資産の見直しなど、さまざまな苦労もありましたが、ようやく最終的な決定の日を迎えることができ、喜びもひとしおであります。

 これもひとえに、地元選出の国会議員・長崎県議会議員の皆様、佐世保市議会議員の皆様、資産所有者や地元黒島地区の住民の皆様をはじめ、関係団体並びに市民の皆様方にご理解とご協力をいただきながら、長崎県や関係県市町と一体となって取り組んできた努力のたまものであり、皆様方に改めまして感謝の意を表する次第であります。

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教禁教期の厳しい生活条件の下、既存の社会・宗教と共生しつつ、自らの信仰を継続していった潜伏キリシタンの人々の歴史を物語る、他に例を見ない遺産です。

 これらの遺産のうち、本市の黒島には、「潜伏キリシタンの伝統」を示す潜伏キリシタンの指導者屋敷跡や墓地、仏像を聖母マリアとして礼拝した仏教寺院があるほか、国重要文化財黒島天主堂など多くの文化財も残っています。

 本市では、今後も地元黒島地区の住民の皆様をはじめ、関係各機関等と連携して適切な保存・管理を行い、歴史ある集落を末永く後世に継承していくとともに、積極的な活用に努め、地域活性化につなげてまいりたいと思います。

 平成30年6月30日
 佐世保市長 朝長 則男 

お問い合わせ

教育委員会教育総務部文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?