ホーム > 市政情報 > ようこそ市長の部屋 > 市長のメッセージ > 佐世保市名誉市民 下村脩博士の御訃報について

ここから本文です。

更新日:2018年10月21日

佐世保市名誉市民 下村脩博士の御訃報について

 本日の報道におきまして、佐世保市名誉市民であり、2008年ノーベル化学賞を受賞された下村脩博士の御訃報に接し、深い悲しみを禁じえません。ここに、佐世保市と佐世保市民を代表しまして、謹んで哀悼の意を表します。

 下村脩博士は聖心幼稚園、白南風小学校、旧制佐世保中学校と学童期を佐世保市で過ごされ、本市とはとてもゆかりの深い方でございます。

 オワンクラゲの研究をとおした緑色蛍光タンパク質の発見という快挙を成し遂げられ、2008年にノーベル化学賞を受賞された時には、佐世保市中が大きな喜びに包まれました。

 また、翌2009年には佐世保市の名誉市民になっていただくという栄を賜りました。

 本市の教育にも熱心にかかわっていただき、本市教育委員会主催「下村脩ジュニア科学賞SASEBO」コンクールにおいて、表彰式や下村賞受賞児童生徒との面会など、何度も佐世保に足を運んでいただきました。私も2016年にお目にかかりましたが、その時の子どもを見つめる温かいお顔と科学を語る熱い眼差しは、今も記憶に鮮やかに残っております。

 博士の御逝去は、佐世保市は勿論、日本および国際社会にとっても大きな損失であり、深い悲しみであります。

 下村脩博士の多大なる御功績を偲びつつ、御家族の皆様の悲しみが一日も早く癒える日を願いながら、御冥福を心よりお祈り申し上げます。

平成30年10月21日
 佐世保
市長
 

お問い合わせ

教育委員会教育総務部総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?