ホーム > 市民活動・文化・スポーツ > 歴史・伝統 > 文化財 > 有形文化財 > 西海橋が国登録有形文化財に登録されました

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

西海橋が国登録有形文化財に登録されました

平成30年7月20日に国の文化審議会から国登録有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申されておりました西海橋が平成30年11月2日付けの官報告示により、正式に国登録有形文化財に登録されました。

西海橋の概要

橋梁形式:中央径間(上路式ブレースドリブ鋼固定アーチ)側径間(鉄筋コンクリート2径間ラーメン桁)

橋長:316.26m、幅員:7.5m

西海橋は戦後物資に乏しい昭和30年に針尾島と西彼杵半島を結ぶ東洋一の固定アーチ橋として誕生し、その後の長大橋建設の礎となりました。

西海橋の登録により、本市の国登録有形文化財は14か所となっております。

西海橋

西海橋

開通当時の西海橋

西海橋開通

 

関連項目

お問い合わせ

教育委員会文化財課

電話番号 0956-25-9634

ファックス番号 0956-25-9682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?