ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康づくり > 禁煙・受動喫煙防止 > 市民の皆様・施設管理者の皆様へ<望まない受動喫煙を防止するために>

ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

市民の皆様・施設管理者の皆様へ<望まない受動喫煙を防止するために>

受動喫煙とは、自分の意思とは関係なく、他人が喫煙するたばこから立ちのぼる煙(蒸気)を吸うことです。喫煙者の周りにいる非喫煙者も煙を吸うことで健康被害を受けます。

健康増進法が一部改正されました

受動喫煙対策を強化するため、2018年7月に「健康増進法の一部を改正する法律」が、2019年2月に関係する政省令及び告示が公布されました。2020年4月1日から全面施行され、屋内は原則禁煙となります。

マナーからルールへ

改正された健康増進法では、多数の者が利用する施設の区分に応じて、一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、施設管理者に受動喫煙防止措置の実施を義務付けています。

2019年1月には改正された健康増進法が一部施行され、個人一人ひとりにおいても喫煙をする際は、望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮することが法律で義務付けられています。

このように、受動喫煙防止の取り組みは、マナーからルールへと変わります。

事業者向けリーフレット(厚生労働省)(PDF:3,208KB)

国民向けリーフレット(厚生労働省)(PDF:3,533KB)

2019年7月1日から、第一種施設は原則敷地内禁煙に!

受動喫煙により健康を損なうおそれが高い者が主として利用する学校、病院、児童福祉施設及び行政機関の庁舎等「第一種施設」は、2019年7月1日から原則敷地内禁煙となります。屋内は、もちろん禁煙となります。

【ご確認ください】敷地内に喫煙所がありませんか?(PDF:292KB)

2020年4月1日から、第二種施設は原則屋内禁煙に!

喫煙目的施設及び第一種施設以外の2人以上の者が利用する「第二種施設」は、2020年4月1日から原則屋内禁煙となります。

 

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省受動喫煙対策ページ(別ウィンドウが開きます)

受動喫煙対策特設サイト(別ウィンドウが開きます)

関連情報

受動喫煙から健康を守りましょう!!

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康づくり課

電話番号 0956-25-9826

ファックス番号 0956-24-1346 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?