ホーム > くらし > 戸籍・住民票・印鑑など > 住所の届出 > 転入届(市外から佐世保市へ)

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

転入届(市外から佐世保市へ)

転入とは

新たに市区町村の区域内に住所を定めることをいいます。

マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方について

マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方が転出および転入を行う場合は、転入届の特例に伴う転出届及び転入届を行う必要があります。また、転入先の市区町村で、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの継続利用処理を行うことにより、前住所地市区町村で発行されたマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを継続して利用できます。

転入届の特例およびマイナンバーカードまたは住民基本台帳カードの継続利用の詳細については、ページ下の関連情報の「マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カードをお持ちの方の転入届」、「マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カードをお持ちの方の転出届」、「マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カードの継続利用」をご覧ください。

届出の期間

転入をした日から14日以内(届出が遅れると裁判所から過料が科せられる場合があります。)

窓口での届出

受付窓口

  • 市役所1階籍住民窓口課
  • 各支所
  • 宇久行政センター

受付時間

8時30分から17時15分まで

(土曜日,日曜日,祝祭日,年末年始を除く)

手数料

不要

ご持参いただくもの

※通知カードをお持ちの方は、異動者全員分の通知カードもご持参ください。

人または同じ世帯の方による届出の場合

1

前住所地が発行した転出証明書

2

窓口へ来られる方の本人確認書類

【例】マイナンバーカード、顔写真付きの住民基本台帳カード、パスポート、運転免許証、在留カード、その他官公署が発行した顔写真付きの身分証など。

(上記書類がない場合には、健康保険証、年金手帳、年金証書など。)

いずれも有効期限内のものに限ります。

3

(外国人住民の方のみ)世帯主との続柄を証する文書

  • 戸籍法に基づく届出に係る受理証明書若しくは記載事項証明書、結婚証明書、出生証明書
  • 外国政府機関等(駐日外国公館)が発行する戸籍に相当する家族関係を証する文書
  • 外国政府機関等(駐日外国公館)が発行する身分変動(出生、婚姻等)があったことを証する文書

外国語によって作成されたものについては、「翻訳者を明らかにした訳文」の添付が必要となります。

なお、世帯主との続柄を証する文書は、必要としない場合もありますので、詳細については市役所籍住民窓口課までお問い合わせください。

外国人住民の方の住居地の届出について

外国人住民の方は、住居地を定めてから14日以内に、住民異動届(転入届等)とは別に「住居地の届」を行う必要があります。この場合、異動者全員分の証明書が必要となります。

中長期在留者は「在留カード」を、特別永住者は「特別永住者証明書」を提出してください。これらの証明書を提出して、住民異動届(転居届等)を行った場合は、住居地の届もなされたものとみなされます。

 

理人の方による届出の場合

1

前住所地が発行した転出証明書

2

委任状(委任者が代理人に一定の事項を委任する意思を書き記した文書)

同居されているご家族でも、世帯が別で住民票に一緒に記載されていない方は代理人となり、委任状が必要です。

法定代理人が届出される場合は、委任状ではなく、発行から3ヶ月以内の「法定代理人であることを確認できる書類(例:成年後見登記の登記事項証明書(原本)など)」をご提示ください。

3

窓口へ来られる方の本人確認書類

【例】マイナンバーカード、顔写真付きの住民基本台帳カード、パスポート、運転免許証、在留カード、その他官公署が発行した顔写真付きの身分証など。

(上記書類がない場合には、健康保険証、年金手帳、年金証書など。)

いずれも有効期限内のものに限ります。

4

(外国人住民の方のみ)世帯主との続柄を証する文書

  • 戸籍法に基づく届出に係る受理証明書若しくは記載事項証明書、結婚証明書、出生証明書
  • 外国政府機関等(駐日外国公館)が発行する戸籍に相当する家族関係を証する文書
  • 外国政府機関等(駐日外国公館)が発行する身分変動(出生、婚姻等)があったことを証する文書

外国語によって作成されたものについては、「翻訳者を明らかにした訳文」の添付が必要となります。

なお、世帯主との続柄を証する文書は、必要としない場合もありますので、詳細については市役所籍住民窓口課までお問い合わせください。

外国人住民の方の住居地の届出について

外国人住民の方は、住居地を定めてから14日以内に、住民異動届(転入届等)とは別に「住居地の届」を行う必要があります。この場合、異動者全員分の証明書が必要となります。

中長期在留者は「在留カード」を、特別永住者は「特別永住者証明書」を提出してください。これらの証明書を提出して、住民異動届(転居届等)を行った場合は、住居地の届もなされたものとみなされます。

関連情報

お問い合わせ

市民生活部戸籍住民窓口課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-37-6133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?