ホーム > 教育・子育て > 教育 > 教育委員会 > 教育長あいさつ

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

教育長あいさつ

教育長の写真

教育長就任にあたって

私は、本年四月一日付で佐世保市教育長に就任いたしました。私のこれまで行政畑での長い役所生活の終盤に「教育行政」に関わることになりましたことは、喜びでもあり、一方で、佐世保市そして日本の将来を担う子どもたちの今後を左右することにもなる「教育行政」の使命の重大さに身のすくむ思いもいたしております。

さて、皆様ご承知のとおり、日本の社会はこの二、三十年で大きく様変わりいたしました。特に子どもたちを取り巻く環境は、押しとどめようにも止めることのできない巨大な変革の波に翻弄され、大人たちの予想を超えて外から内から、子どもたちに大きな影響を与えております。一時期の放任主義的な接し方、あまりに過度な個人主義の考え方では、子どもたちをあらぬ方向へと押し流してしまうことでしょう。私たち大人は、しっかりと子どもを抱きかかえ、行く末を誤ることなく示してやる必要があるのではないでしょうか。そのためにも私たち自らが自信をもって、行動できる規範を持つことが求められます。現在、佐世保市では徳育推進運動を推し進めておりますが、この運動のように自らが考えて、社会における個人がどうあれば社会全体をよくすることができるのか、まずは実践することを心がけることが大切です。実践する大人の背中を子どもたちは見ています。私は、いま改めて強く再認識したところです。

ごろ、北海道で置き去りにされた小学二年生の男の子が六日後に発見されたという事件がありました。偶然が重なったとはいえ、一人で山中の小屋に空腹と寂しさに耐えたその子の精神力の強さのみならず、人間の持つ逞しさにも驚かされました。子どもといえども潜在的に生き延びようとする力を持っていることを目の当たりにしました。佐世保市においては、子どもに関わる痛ましい事件を経験しています。子どもを取り巻く環境が厳しい今こそ、悲しみを乗り越え、人を思いやる心と、人間が生き延びようとする力を削ぐことなく共に生きる喜びと力を子どもたちに身につけさせてあげなければならないと考えています。

上段に構えてしまいましたが、教育行政に携わることになってまだ日の浅い中、自分に対する戒めの意味もこめて思うところを綴ってみました。子どもたちに素晴らしい未来がありますことを祈りながら。

成28年6月吉日

佐世保市教育委員会育長西本眞也

お問い合わせ

教育委員会教育総務部総務課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-9682 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?