ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 補装具・日常生活用具 > 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

ここから本文です。

更新日:2021年4月8日

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

身体障害者手帳の交付の対象とならない軽度・中等度難聴の児童の補聴器購入費用の一部を助成します。

1.対象者

以下の条件を全て満たす18歳未満の児童の方が対象です。申請は購入前に行うことが必要です。

  1. 両耳の聴力レベルが各々30dB以上の方。(ただし、医師が装用の必要を認めた場合は、この限りではありません。)
  2. 聴覚障害による身体障害者手帳の交付対象以外の方。
  3. 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断している方。
  4. 本人又は世帯員のうち、市町村民税所得割の最多納税者の納税額が46万円未満であること。

(注)当年度予算内において助成を行なっています。助成を受けられるか下記の連絡先へ事前にご確認をお願いいたします。

2.申請に必要なもの

  • 軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成金交付申請書
  • 印鑑
  • 医師意見書
  • 補聴器の見積書、仕様書
  • 同意書または課税証明書(詳しくは窓口でお尋ねください。)

3.限度額

補聴器を購入される費用と補聴器の種類に応じて定めた1台あたりの基準価格を比較して少ない額の3分の2(1,000円未満切捨て)を限度とします。

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課

電話番号 0956-24-1111

ファックス番号 0956-25-2281 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?